【転職希望者必見!】コミュニケーション能力をPRする方法

就職でも転職でも避けては通れないのが面接です。

企業が新入社員に最も求めている力はコミュニケーション能力であることはもはや有名な話しと言って良いでしょう。

たしかに企業は社員にコミュニケーション能力を求めていますが、実際に求人応募者を見てコミュニケーション能力の有無を判断するのは簡単ではありません。

コミュニケーション能力があると自己PRしていた人でも入社すると全然通用しなかったりするのはよくある事です。

では企業の面接担当者はどうやって判断しているのでしょうか?

まずは体験レッスンへ
目次

企業の採用担当者が面接中でチェックしている事

ポイントを解説する女性

自己PRで話した内容と面接での振舞いに食い違いがあるか

企業の採用担当者は沢山の応募者の面接対応をしています。

もちろんその中にはコミュニケーション能力をPRしている人もいます。

しかし採用担当者はある意味コミュニケーションのプロです。

あなたがもし面接でコミュニケーション能力を自己PRしたのであればそれが真実であるか面接官は見定めるでしょう。

面接官の視点では入社前のイメージと入社後の実際の様子が全然違うようだと面接官の責任問題になるからです。

面接の自己PRの例でいえば「私はどんな時でも人の目を見て話すことを大切にしています」と話している人が面接で面接官の目を見る事が出来なかったらどうでしょうか?

きっと面接官は凄くがっかりするでしょう。

ここまで極端な例は中々ないかもしれませんが他にも「人の話しを理解する事が得意」と話している人が面接で何度も同じような質問をしてきたり「説明をするのが得意です」と話している人の面接の回答がチンプンカンプンであったりする事もあります。

コミュニケーション能力は面接時でも試されている

コミュニケーション能力は面接時にも試されます。

面接の場とは普段とは異なる場です。

勿論面接を数こなすことによって場慣れする人もいますが、そもそも面接でちゃんと自分をPRするにはコミュニケーション能力は必要不可欠です。

面接中やその前後の立ち振る舞いでも本当にコミュニケーション能力がある人とそうでない人では違った行動をするでしょう。

コミュニケーション能力を自己PRするのであれば尚の事必要な事ですよね。

自己PRに具体性がない

コミュニケーション能力を自己PRする時にありがちなのは「私はコミュニケーション能力には自信があります」などコミュニケーション能力そのものをPRしてしまう事です。

皆さんはコミュニケーション能力と聞いて何を想像しますか?

きっと思い浮かぶことは人それぞれだと思います。

詳しい事は後で述べますが実際コミュニケーション能力とは曖昧な言葉であるため面接の自己PRで用いるには細分化が必要です。

細分化をする事によってよりPRを分かりやすくします。

「コミュニケーション能力があります」と話すことよりも「話す力があります」と話した方が若干分かりやすくなりますよね。

しかしこれだけでは状況をイメージするのは難しいですよね。

具体例を添える

さらにイメージを膨らませる方法として具体例を添えるというものがあります。

例えば「人前に立つ事が得意です」と話している人と「私の前職の職場では朝礼スピーチコンテストがありそこで優勝したことがあります」と話している人ではどちらの方がよりイメージが膨らむでしょうか?

イメージが膨らむ方が説得力がありますよね。

具体例を入れる事で相手に良いインパクトを与える事ができます。

面接では面接官に対してあなたがPRした内容を実際に仕事でどのように活かしていくのかをイメージさせる事が大切です。

あなたが面接官だとしたら面接で良い人材をどうやって判断するでしょうか?

面接官も結局は一人の人間です。

一緒に働いている姿を想像できない人に内定は出さないですよね。

良い自己PRは説得力があり具体例がある事が好ましいです。

まずは体験レッスンへ

コミュニケーション能力をPRする時のポイント3つ

コミュニケーション能力を自己PRで使うには前述の通り細分化した方がより面接官に伝わり易いです。

前述のとおりコミュニケーション能力という言葉だけでは中々イメージしづらいと思います。

細分化するにあたり自分のコミュニケーション能力のどこをPRしたいのかを意識すると良いです。

日常生活色々な場面でコミュニケーション能力を発揮する機会は沢山ある為、どんな場面自分の強みを発揮できるか考えるとイメージが膨らみやすいと思います。

コミュニケーション能力をPRする時には主に次の3つで考えると良いでしょう。

先程イメージした自分の強みがどこに当てはまるのかチェックしていきましょう。

聞くのが得意

コミュニケーションの半分は聞く事だと言われています。

話し上手より聞き上手という言葉がある通り聞く事はとても大切です。

仕事において人とのコミュニケーションを避けてこなせる事は少ないです。

聞く事が長けている人は相手の本音を引き出す事が上手いです。

仕事でも人間関係は重要です。

仕事相手と本音で喋り合える関係であればお互い仕事がやり易いものです。

また本音を話しやすい相手であれば仕事上少し話しづらい事を話さなくてはいけない状況であってもしっかり聞いてくれるという安心感があります。

伝えるのが得意

人とのコミュニケーションでは伝える事も必要です。

仕事でも何かを伝える機会は沢山あります。

例えば取引先の人に商品の説明をする時でも商品の事を分かりやすく伝える必要があります。

他にも直接口を使わないメールや文章での伝え方や言葉に表せない自分の気持ちや感情を伝える事も伝える力と言えるでしょう。

メールや文章が分かりやすいと言われる人はここをPRすると良いかも知れません。

理解するのが得意

コミュニケーションで大切なことは実は言葉ではありません。

言葉の中にあるその人の気持ちや考え方等言葉の内側にあるものを伝え合う事が大切なのです。

理解する力はその内側にあるものを読み取る力です。

例えばとある業者で物凄く申し訳なさそうに断ってくる人とあしらうような感じで断ってくる業者ではたとえ同じ言葉で断ってきたところで伝わるものは違うでしょう。

手練れた人であれば相手の表情やしぐさからも読み取る事ができます。

人の考えや気持ちを理解する事は中々に大変ですが身に付けばとても大きな財産になります。

まずは体験レッスンへ

転職後の立ち振る舞いも大切

成功

ここまでは転職するための面接について話してきましたが、

実際は転職をしてからの生活の方が大切です。

入社前はやはり直近の面接や就職活動の事に意識が向きがちですが、長い人生のうち就職活動期間はわずかにしかすぎません。

一方、転職後の在職期間は人生の大半の期間を含む事になるとおもいます。

だからこそ今のうちから転職後の事を考えて行動することが大切てす。

人間関係を築く事

仕事上では人間関係を築くことは必要不可欠です。

コミュニケーション能力を大切に考えているあなたならお判りでしょうが本当に大切なことです。

転職先では人間関係も一から作り直すことも沢山あるでしょう。

人間関係を築きあげるには質の良いコミュニケーションを沢山とる必要がありますよね。

ここでは良いコミュニケーションを取るこつをお伝えします。

まずは挨拶から

簡単かつ重要なコミュニケーションは挨拶です。

挨拶は社会人の基本とも言われますが元気な挨拶はパワーが貰えますよね。

人間第一印象の印象は中々離れません。

挨拶は第一印象を大きく左右させます。

実際にイメージしてみましょう。

あなたの職場に初めて会う人が無愛想な態度を取ったり挨拶でも覇気がない人相手にどんな印象を持つでしょうか?

そしてその人と仲良く仕事をしたいと感じるでしょうか?

今あなたが感じた印象は中々覆す事が出来ません。

実際あなたがそんな印象を持った相手はどうすればイメージが覆るか想像してみると理解できるでしょう。

それぐらい人間始めの印象が大事なのです。

だからこそ新しい職場での挨拶は大切にしていきましょう。

人脈を作る事

やはり人間関係や交友関係は広いに越した事はないです。

転職後は今までの人間関係がリセットされまた一から築きあげる事が多いです。

今までの上司や同僚、部下であった人とは別に新たな関係を築きあげる必要があります。

これは今まで転職経験があったり転職でなくても部署移動など配置換え等の経験がある人は理解できるでしょう。

周りが仕事の知識や経験を持った状態で自分一人が何も知らない状態で始まるのは中々に大変です。

勿論初めのうちは周りの人もあなたが初めてだらけの仕事で大変だろうと思い色々教えてくれたり声をかけてくれるとは思いますが、新入社員でない以上ある程度周りの人も出来るだろうと判断ししばらくすれば一人で仕事を任されることも出てくるでしょう。

その時に良い人脈を作っておかないと仕事で分からなくなった時にどうすれば良いか分からなかったり困ってしまう事が増えるでしょう。

仕事でもスタートダッシュが大事だと言われる通り人脈づくりも初めが重要です。

転職先で入社した時から全力で頑張り続ける事はとても大切です。

どんな転職者でも周りから見えるスタートラインはさほど変わりません。

しかし暫くすると少しずつ差が出始めてやがて大きな差になります。

これは初めの内から先の事を意識して仕事に取り組む事で結果を出すことが出来ます。

「今は仕事を覚える事が大事」、「周りの人の特徴や会社の空気を把握してから動き出そう」と考えて行動が一歩遅れてしまうとその一歩が大きな致命傷になる事もあります。

後で後悔するくらいなら今動くことをお勧めします。

コミュニケーションを鍛える続ける事

コミュニケーション能力は転職後こそ必要になってきます。

今までと違う環境に飛び込んだり仕事で成功させるためにはコミュニケーション能力があればあるほど近づきます。

仕事での成功者はコミュニケーション能力がある人

ここまででも書いた通りコミュニケーション能力が仕事で成功する上で必要不可欠です。

コミュニケーション能力が高ければ高いほど成功に近づくと言っても過言ではないでしょう。

自分自身コミュニケーション能力に自信があったとしてもまだまだ鍛える余地は沢山あると思います。

例えば初対面の人と短時間で距離を縮めたり、相手が話している事を言葉だけでなく話している理由や本当の意味まで理解する力等日常ではなかなか身に付かない力もあります。

しかしこれらの力が仕事で役に立つ事は想像にたやすいでしょう。

だからこそコミュニケーション能力を鍛え続ける事は必要になってくるのです。

コミュニケーション能力をさらに磨く事

初対面の人と短時間で距離を縮めたり相手の話している事を深い意味で理解する力は身に付ければ強いですが、今まで通りの日常生活で身に付くことは中々ありません。

それは経験する機会がないからです。

初対面の人と沢山会う事はあれどいきなり友達のように接する事が出来るようにならなくてはいけない機会って殆どないですよね。

しかし身に付ける事ができれば今より一段階上のコミュニケーション能力を手に入れる事が出来るでしょう。

まずは体験レッスンへ

コミュニケーション講座体験実施中

コミュニケーション能力は日常で学ぶ事も大切ですが、正しい知識を学ぶ事も大切です。

正しい知識を日常で鍛えていくからこそ今の自分よりもさらにステップアップできます。

転職時の面接はもちろん転職後での立ち振る舞いこそコミュニケーション能力は大切になってきます。

正しい知識を身につけることに悩んでいるのであればコミュニケーション講座でレッスンを受けるのが良いでしょう。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座を受講するメリットとして、少人数制で行われるため実戦形式で練習ができるということがあります。

多くの人を改善してきたという実績もあります。

また、アトリエシャンティのコミュニケーション講座の特徴として一人一人に専属コーチがつきます。

ご自身の悩みに沿った解決方法をオーダーメイドで一緒に考えていくので悩みを的確に解消していくことができます。

コミュニケーションが苦手で悩んでいる方は勿論、コミュニケーション能力に自信はあるけどさらに力を身につけたいと考えている人にはおススメです。

お気軽にお問合せください。

岐阜・名古屋・富山・石川で体験レッスンを開催中です。

会員さん一人ひとりを大切にするために、会員数を限定させていただいています。

気になる方はお早めにお申し込みください!

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!
Please share!

コメント

コメントする

目次
閉じる