コミュニケーション障害は克服できる!特徴と対処法を紹介

近年「コミュ障」という言葉はすっかりメジャーな用語になりました。

デジタル化した世の中に生まれ生活している現代の若者は、面と向かって人とコミュニケーションとる機会が少なくなり、コミュ障と言われる人が増えてきています。

今回はコミュ障と呼ばれる人の改善策や特徴を紹介します。

まずは体験レッスンへ
目次

コミュニケーション障害とは?

仲の良い家族

みなさん「コミュ障」と聞くとコミュニケーション能力が低い人や、人と上手く会話できない人のことなど、コミュニケーション能力が苦手な人を指すと考える人が多いと思います。

しかし「コミュ障」という言葉はネットスラングでいわゆる俗語です。

「コミュ障」つまりはコミュニケーション障害とは、医学的な意味では別の意味を持つのです。

医学的な意味でのコミュニケーション障害

アメリカ精神医学会による診断基準である「DSM-5」でのコミュニケーション障害とは、複数の疾患の総称としてコミュニケーション症群/コミュニケーション障害群つまりはコミュニケーション障害と言われています。

ここでは「DSM-5」の5つの特徴について紹介します。

言語症

  • 何かを発信するときに言葉が出てこない
  • 話し始めるまでが長いと言われる
  • 言葉を選んでしまい相手に話しを伝える事を難しいと感じてしまう

こんな特徴にあてはまる人は言語症と診断される可能性があります。

いわゆる語彙力がないと呼ばれる人たちの事です。

子供のころに上手く言葉が出てこなかったり適切な言葉が出てこなかったりすると診断される可能性があります。

語音症

  • 人前に立つと緊張して上手く声が出ない
  • 咄嗟の時に声が出ない
  • ふとした時に声が出ない。

語音症とはうまく発声する事ができない疾患です。

うまく声を発生できないせいか、語音症と判断された人の話している内容は、周囲の人に理解されない事があります。

吃音

  • 緊張すると言葉がつっかえてしまう
  • 会話の途中で無言になる
  • 会話の途中に「えー」、「あー」が多い

人前に立つ事がストレスに感じる人が吃音と診断されることがあります。

幼少期に上手く話せない出来事がきっかけとなり発症する人が多いです。

しかしデータ上でも幼少期の内に克服したというデータも少なくなく、改善の余地がある疾患と言えるでしょう。

社会的(語用論的)コミュニケーション障害

  • 説明が下手
  • 相手の話している事が理解できない
  • 自分ばかりが話してしまい相手が置いてけぼりになる事が多い

社会的コミュニケーション障害と診断される人の特徴として、話し手と聞き手の理解のギャップが大きく仕事場でもプライベートでも上手くコミュニケーションが取れない特徴があります。

幼少期のころには判断が難しく、コミュニケーションの質が求められる青年期あたりからこの社会的コミュニケーション障害と診断される人が増えてくるでしょう。

特定不能のコミュニケーション障害

上記いずれの症状にもあてはまらないけれど、学校や会社等でコミュニケーションの障害に当たる場合がここに診断される可能性があります。

コミュニケーション障害の特徴

コミュニケーション障害の特徴について紹介しました。

実際にはコミュニケーション障害以外の疾患でも日常のコミュニケーションで支障をきたす事も沢山あります。

実際にどれもコミュニケーション障害と診断されると、中々克服は難しいと感じるかもしれませんが、これらのコミュニケーション障害は必ず改善できます。

医療機関等でコミュニケーション障害と診断されると薬物療法を勧められる事もあるかもしれません。

しかし、コミュニケーション障害と診断された方には薬物療法以外の克服方法を強くお勧めします。

なぜなら、薬が直接的にコミュニケーション障害を治療するわけではないからです。

コミュニケーションが上手くなるには、実践での練習と、何より「自分は出来る」という自信が大切です。

まずは体験レッスンへ

コミュニケーション障害の克服方法について

ではどのようにコミュニケーション障害を克服するのでしょうか?

答えは苦手なコミュニケーションに対してしっかりと向き合いトレーニングを積み重ねて克服していくことです。

トレーニングで克服していく上で大事なポイントをまとめてみましたので、上述のコミュニケーション障害にあてはまるなと感じている方はぜひ最後までご覧ください。

コミュニケーション障害になった原因を理解する

まずは根本の原因を探る事が必要です。

コミュニケーション障害と診断されたりあてはまると感じたという事は、そこに何らかの理由があるはずです。

あなたが一番コミュニケーションを取っている相手は自分自身なのです。

自分自身とコミュニケーションを取れない人は他人とも取ることが出来ません。

自分自身に向き合って自分と対話をしてみるのです。

自分の過去に向き合う事は大変なことだと思いますが、そこから何かわかる事もあるでしょう。

自分が苦手なこと、向き合いたくない事、嫌だったこと、コミュニケーション障害と診断されるにはこれらの何かが引っかかっている事が多いです。

克服への第一歩と考えて頑張って踏み出しましょう。

自分に必要な対処法をする

上述の通りコミュニケーション障害と言えど症状は人それぞれです。

なので対処法も人それぞれ異なります。

例えば話す時に中々言葉が出てこない人と、人の話を理解できない人では直さなくてはいけないポイントが違いますよね。

なので自分自身の特徴を知ったうえで必要な対処法を取る事は重要です。

ただし、どんなコミュニケーション障害であっても共通して言える部分もあります。

それはコミュニケーション障害は必ず努力により克服できるという事です。

コミュニケーションは鍛えれば鍛えるほど上手くいきます。

逆に言うと鍛えなければ上達はしません。

薬物療法では一時的に気分が楽になると感じるかもしれませんが、コミュニケーション障害の根本を克服する事はないでしょう。

克服するためにはあなたのコミュニケーション障害の根本的な部分を直していく他ありません。

コミュニケーション障害に向き合う事

人は苦手な物に向き合わない生き物です。

コミュニケーションが苦手な人にありがちなこととして、コミュニケーションつまりは人と関わる事が苦手な人は、人と関わる事を避けたり話すことに自信を失い人と話さなくなってしまうという事があります。

苦手な物とは自分がいままで出来ないものでもあります。

初めのうちは向き合おうとしても上手くいかない自分に苛立ったり、自信を持てない事で楽な道を目指したくなったりもするでしょう。

でもコミュニケーション能力上達のポイントは、今までの自分が出来ない事にチャレンジし続ける事です。

正直な所、コミュニケーション能力の上達具合は人それぞれであり、早く成長する人もいればなかなか成長しない人もいます。

しかし大切なのは他者と比べるのではなく、過去の自分と比べる事です。

自分に自信がない人は、過去の自分はだめな人間だと、ここの自分を認められない人もいるでしょう。

ですが、時にはそんな自分を見つめ、認めてあげることで見えてくるものもあるでしょう。

まずは体験レッスンへ

コミュニケーション能力を鍛えよう

コミュニケーション能力は一夜漬けで身に付けられるものではありません。

継続してトレーニングをしていくからこそ徐々に改善されて行くのです。

自分自身に諦めずトレーニングを積み重ねる事によって花開く日が訪れるでしょう。

また話している時に言葉が出てこなくなる人であればそれに合ったトレーニングを、人の話を聴けない人にはそれにあったトレーニングを継続して積んでいく必要があります。

その為のポイントを2点紹介します。

正しい知識を身に付ける事

コミュニケーション能力は鍛えていくほど上達すると述べましたが、これは正しい知識を実践する事が大前提になります。

間違った知識のままトレーニングを積み重ねてしまうと、本来必要なかった時間や間違った癖がついてしまい、そこから矯正するとなるとさらに時間がかかってしまったりします。

だからこそ早い段階から正しい知識を身に付ける事によってコミュニケーション能力改善に向かって歩んでいけるでしょう。

コミュニケーションにはいくつかポイントがあるのです。

話すこと、聴くことどちらが欠けていても良いコミュニケーションが取れるとは言えないですよね。

しかし、現代社会では、コミュニケーションを学校や会社で教わる事はまずないでしょう。

自分自身がコミュニケーションが苦手だと思っているなら、早いうちに対処する事をお勧めします。

あなたに合ったトレーニングを積む事

正しい知識を身に付けたのちにはトレーニングで鍛えていく事が必要です。

しかしトレーニング方法も人によって様々です。

同じような症状でもその人の性格や周りの環境によって取り組めることも変わります。

あなたも学校や塾の授業などで、あなたにとって分かりやすい授業と、友達が分かりやすいと感じる授業は必ずしも一致しなかったと思います。

だからこそあなたに合った方法で正しい知識を活用して鍛えていくことが重要です。

しかしながら、自分に合ったトレーニングを自分自身で見つける事は、雲をつかむような話である事も付け加えておきます。

コミュニケーション講座体験レッスン実施中

コミュニケーション障害は必ず解決できます。

自分自身と向き合って正しい知識を身に付けて自分に合ったトレーニング方法で鍛え続ける事で必ず克服できます。

確かに今まで向き合って来なかったことや難しいと考えている自分と向き合う事はとても勇気がいる事です。

しかし、その先にこそあなたの本当に手に入れたかったものがあるのではないでしょうか。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は数多くの人を改善してきたという実績があります。

会員さん一人一人に専属コーチがついて、ご自身の悩みに沿った解決方法をオーダーメイドで一緒に考えていくので、悩みを的確に解消していくことができます。

勿論正しい知識を学ぶこともできます。

実践練習中心の話し方講座なので学んだ内容をすぐ活かすことが出来ます。

コミュニケーション障害で悩んでいて克服したいと考えている人にはおススメです。

お気軽にお問合せください。

岐阜・名古屋・富山・石川で体験レッスンを開催中です。

会員さん一人ひとりを大切にするために、会員数を限定させていただいています。

気になる方はお早めにお申し込みください!

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!
Please share!

コメント

コメントする

目次
閉じる