楽しく幸せな人生に変えていく! あなたの悩みをコミュニケーションで解決! より良い人生にしていきましょう!

【富山・高岡】あがり症克服|人前で緊張しない方法とは?緊張する人の特徴やその理由|話し方教室

人前に出るとあがってしまう

緊張して頭が真っ白になる

堂々とスピーチできるようになりたい

緊張によって人前でのパフォーマンスに影響を与えるのは、多くの人にとって共通の体験ではないでしょうか?

この状態の理由を探り、緊張してしまう人・あがり症の人の特徴やその克服方法について分かりやすく解説していきます。

(富山・高岡エリアの話し方教室×コミュニケーション講座スタッフが執筆するBlogです)

目次

人前で緊張してしまう理由とは

1. 生理学的な要因

人前での緊張の根本には、身体の生理学的な変化が関与しています。あがり症の人はそれが顕著です。

例えば、心臓がドキドキと速くなったり、手が震えたりするのは、身体が「戦うか逃げるか」の反応を起こしているからです。これを日常のシチュエーションに例えてみましょう。

言いたいことがあるのに、まるで洞窟から出るようなドキドキ感を感じることがありませんか?

頭が真っ白になってしまうことはないですか?

人前に立った時に生理的に自分の身に危険が生じた時に無意識に反応が出てしまうのです。

2. 心理学的な要因

また、心理学的な側面も重要です。

他人の期待や評価へのプレッシャー、失敗への恐れなどが、緊張感を引き起こす原因にもなります。

これを改善するためには、初対面の人との会話や新しい状況への適応や経験を通して、感情の起伏をコントロールできる力を身につける必要があります。

人前での緊張は、生理学的な反応と心理学的な要因が複雑に絡み合った結果です。

しかし、積極的な考え方、成功体験の積み重ねなどを通じて、誰でも克服できるものです。挑戦の先には、成長と自信が待っています。

では、人前で緊張してしまう人はどんな特徴を持っているのでしょうか?

詳しくみていきます。

人前で緊張する人の共通する特徴とは

人前で緊張することは、多くの人が経験する普遍的な感情です。

その中でも人前で緊張しやすい人の特徴に焦点を当て、その理由をみていきましょう。

1. 自分を評価し過ぎてしまう

人前で緊張しやすい人は、自己評価が比較的厳しいことがよくあります。つまり、自分に対して過度な期待や要求をかけてしまうことが原因となっています。

例えば、自分に対する期待が高まるとまるで舞台裏のスポットライトが明るくなり、緊張感が増すような感覚です。

 2. 周りからの評価が気になる

緊張しやすい人は、他人からの評価に強く意識が向いてしまう傾向があります。他者からの期待や評価がプレッシャーとなり、これが緊張の原因になります。これを理解するために、日常生活で他者の期待に応えようとする場面を考えてみましょう。

3. 新しい環境や状況に対しての不安が強い

初対面や新しい環境になると、緊張しやすい人が多いです。これは、未知の要素が増えることで、心理的な安全性が低下し、緊張感が生じるからです。

初めての場所や初対面の人に対して不安になることってありませんか?

そういったことにより強く不安を抱えてしまう人ほど人前でも緊張しやすい人の特徴とも言えます。

前で緊張しやすい人の特徴は、自己評価の厳しさや外部の評価への焦点、新しい環境への不安が影響しています。

しかし、これらを理解し、自分に対してのアプローチを取り入れることで、緊張感を和らげ、自己表現の機会をより充実させることができます。

また、人前で緊張しない人はコミュニケーション能力が高いです。

コミュニケーション能力を身につけることで人前での緊張を克服することができるでしょう。

人前での緊張とコミュニケーション能力の関係とは

人前での緊張感は、コミュニケーション能力と深く関わっていると感じることがあります。

しかし、これが具体的にどのように影響するのか、分かりやすく解説していきます。

1. コミュニケーションの基本

まず、コミュニケーションがどのようなものかを考えてみましょう。

これは情報や感情を相手に伝えるプロセスです。

例えば、友達との日常の会話やメールのやり取りも、すべてコミュニケーションの一環です。

2. 他者への印象

人前で話す場面では、相手に自分をどう伝えるかが重要です。

コミュニケーション能力が高い人は、自分の意図を明確に伝えることができ、相手に良い印象を与えることができます。

逆に初心者の場合、表現力への不安や相手の反応への過度な心配が緊張感を引き起こします。

3. 自己表現と緊張

人前での緊張感は、自分をどれだけ的確に表現できるかにも関係しています。

初対面の場での緊張やプレゼンテーションの際の緊張は、自分の思いや意見を適切に相手に伝えることへの不安が影響している可能性があります。

4. コミュニケーション能力の向上と緊張の軽減

コミュニケーション能力を向上させることは、人前での緊張感を和らげる手助けとなります。

積極的な聞き手になることや、身体言語を意識的に使うことは、相手との良好なコミュニケーションを築く一助となります。

これを、日常のコミュニケーションシーンに例えて、具体的なアクションに繋げましょう。

人前での緊張感は、一部においてコミュニケーション能力と関係があると言えます。

しかし、コミュニケーション能力は磨けるものであり、日常のコミュニケーションで少しずつ向上させることで、人前での緊張も軽減されることでしょう。

人前で緊張せずに自信を持つための方法とは

人前での緊張は、誰しも一度は経験したことがあるはずです。

人前で緊張をしないようになる、あがり症の克服は十分に可能です。

今回は、人前での緊張を和らげ、自信を持つための方法に焦点を当ててみましょう。

1. 深呼吸とリラックス法

人前での緊張を和らげるためには、深呼吸やリラックス法が有効です。

これはまるで魔法の呪文のように、瞬時に落ち着きを取り戻す手段です。

深呼吸は、身体に酸素をたくさん取り込み、不安感を和らげる働きがあります。例として、息を吸うことで心が穏やかな湖になる様子を思い浮かべてみましょう。

2. ポジティブな思考の育成

緊張を軽減するためには、ポジティブな思考を育てることが大切です。

ネガティブな自己評価や失敗への恐れが緊張を引き起こすことがあります。

例えば、初めてのプレゼンテーションで「失敗したらどうしよう」という心配を「成功するための挑戦だ」と前向きに捉えるようにすることがポイントです。

3.緊張してもいいと考える

緊張しないようにと考えると、どんどん緊張してしまうので「緊張してもいい」と受け入れてみましょう。

緊張は悪いことではなく、むしろ適度な緊張は高いパフォーマンスを発揮する上で必要な要素です。

大事なのは緊張しないことではなく、本番で力を発揮することなので、緊張を楽しむくらいの余裕を持って構えてみましょう。

1回や2回の練習で満足せず、慣れるまで繰り返し行ってみてください。

たとえばプレゼン資料を手に、本番さながらに声に出して予行練習をすると、

なんか慣れてきた」「自信ついたかも」と思えてくるはずです。

4. 自分や周りをよく観察する

人前で緊張してしまう人ほど、人前に立った瞬間に頭が真っ白になり、硬直して何も考えることができない状態になりやすいです。

そんな時ほど、自分がまず緊張していると認識してその場で楽に過ごしてみましょう。

そして、ゆっくり少しづつ話す人たちの方へ意識を向けましょう。

過去の失敗や未来の心配から解放され、現在の瞬間に焦点を当てることが大切です。

例えば、人前で話す時には、聞き手の反応や自分の表現に注意を払いながら話してみると効果的です。

大勢の人前でのスピーチや、気になる人との初デートで

「どうしよう!顔に出てしまっているかな!?」
「今の言い方は不快に感じたかな!?」

などと緊張するのは、自分自身に意識が向いているからです。

その意識を「自分」や「相手」に向けてみましょう。

「今、自分は緊張しているんだなぁー。ゆっくりと落ち着こう!大丈夫!」

「どんな表現がわかりやすく伝わるだろうか」
「何をしたら相手は喜んでくれるかな?」

と考えてみてください。

そうしていると、気づいたら緊張がほぐれていきます。

 5. 成功体験の振り返り

過去の成功体験を振り返ることも、緊張を和らげる手段となります。

例えば、以前にクリアした難しい課題や、褒められた経験を思い出し、それが自信に繋がることをイメージしてみましょう。

失敗体験ではなく、成功体験をイメージし自分に自信を持つことで克服できるようになっていきます。

6.リハーサルやイメトレをしておく

緊張しない方法の1つとして、何十回もリハーサルやイメトレを積み重ねることです。

ここで大事なのはできるだけ具体的にイメージすることです。

始まる前の準備から始まってからの動き、本番中の景色など前もってしっかりと描いてイメトレすることで、気持ちに余裕ができます。

本番は何が起きるかわかりません。

だからこそ、事前準備が重要なのです。

余裕を持つことで、本番中にイレギュラーなことが起きても落ち着いて対応できるでしょう。

7.伝えたい要点をしっかり押さえておく

発言する際は「何を伝えたいか」という要点をしっかりまとめて、押さえておくことがおすすめです。

たとえば、スピーチするときに全ての内容を「丸暗記」しようとしていませんか?

これでは本番で緊張した場合、全てが飛んでしまう可能性が高いです。

その対策方法として、丸暗記するのではなく、伝えたい重要なポイントを把握すること。

必要な点だけまとめた紙をしのばせておけば、頭が真っ白になったときでも対応できますよ!

伝えたいことが明確でないと、スピーチも準備不足だと思われてしまいます。

そうならないためにも、要点を押さえておくのは肝心なのです。

人前で緊張しないためのステップバイステップな事前準備法について

ここまで、色々と緊張しないための方法について紹介して来ましたが、緊張せずに人前で話すためには、事前の準備が不可欠です。

しかし、これが初めての経験だと戸惑うこともあります。

ここでは、どんな方でも出来る!具体的なステップとわかりやすい例を挙げながら、人前での落ち着いたパフォーマンスをサポートする事前準備法をご紹介します。

1. テーマの明確化

まず初めに、話す内容を明確にしましょう。テーマを絞り込むことで、自分の伝えたいポイントがハッキリとし、聴衆も理解しやすくなります。例えば、あるテーマについて「これを伝えなければならない」というコアメッセージを見つけ、それを中心に話を構築します。

2. 資料やノートの整理

次に、資料やノートを整理しましょう。

情報が整然としていると、話すときにもスムーズに伝えられます。

カラーコーディネートやポイントをつけることで、視覚的なサポートとなります。これはまるで旅行の準備を整えるような感覚で、安心感を生むのです。

3. 簡潔なストーリーの構築

人間はストーリーを好むものです。

自分の話を簡潔なストーリーに仕立てることで、聴衆は内容を覚えやすくなり、あなたも話すのが楽になります。例えば、身の回りの日常のエピソードを組み込んで、専門的な話題を身近なものにリンクさせましょう。

4. 練習とフィードバック

最後に、準備が整ったら練習が欠かせません。鏡の前で話すか、友達や家族に相手にしてもらってください。フィードバックを受けることで、改善点が見つかり、不安も解消されます。これはまるで楽器を演奏するように、繰り返しの練習が上達への鍵です。

人前で話すことは慣れるまで緊張するものですが、事前の準備があれば自信を持って臨めます。

テーマの明確化、資料やノートの整理、簡潔なストーリーの構築、そして練習とフィードバックを通して、初心者でもスムーズかつ自然な表現が可能となります。

これらのステップを踏んで、人前でのパフォーマンスを楽しんでみてください。

本番直前にやっておくべき人前で緊張しないための方法とは

本番直前、緊張は誰しもが経験するものです。しかし、その緊張がパフォーマンスに影響を及ぼすことはありません。ここでは、初心者でも理解できるように、簡単な方法や具体的な例え話を交えながら、本番前に冷静な心を保つためのテクニックをご紹介します。

1.ディープブレ

本番前に深呼吸をすることは、緊張を和らげるシンプルで効果的な方法です。

例えば、深く息を吸い込み、ゆっくりと吐き出すことで、心拍数が安定し、リラックスした状態になります。

これはまるで穏やかな風が吹いてくる感覚で、緊張を取り除く手助けになります。

2.ポジティブアファーメーション

自分に対してポジティブな言葉をかけることも有効です。例えば、「今までの準備は十分だ」「失敗は成功のもと」といった言葉を繰り返し唱えることで、自信を取り戻し、緊張感を軽減できます。これはまるで自分にエールを送るような感覚で、前向きな気持ちを保つ手段となります。

3.イメージトレーニング

本番のシチュエーションを頭の中で具体的にイメージすることも有益です。成功した瞬間や笑顔を思い浮かべることで、緊張を楽観的な気分に変えることができます。これはまるで自分の未来を描くような感覚で、ポジティブなイメージが現実に影響を与えます。

4.軽い運動やストレッチ

本番前に身体を動かすこともおすすめです。軽いストレッチや散歩をすることで、身体の緊張をほぐし、同時に気分もリフレッシュさせることができます。これはまるで身体を目覚めさせるような感覚で、新鮮なエネルギーが湧いてくるでしょう。

本番直前の緊張は誰しもが感じるものですが、深呼吸、ポジティブアファーメーション、イメージトレーニング、そして軽い運動やストレッチなど、簡単な方法を取り入れることで冷静な心を保つことができます。

これらのテクニックを組み合わせて、本番前に自分のベストを発揮しましょう。

本番での緊張しないための克服術とは。実践的なアプローチを紹介!

本番での緊張は多くの人にとって一大イベントですが、そのストレスを最小限に抑える方法が存在します。今回は、初心者でも理解しやすいように、シンプルで効果的な緊張克服の方法を紹介します。これらのテクニックをマスターすることで、自信を持って本番に臨むことができます。

1. 呼吸法

深呼吸は簡単でありながら非常に効果的な方法です。緊張しているときは、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。息を吸い込んで、そしてゆっくりと吐き出すことで、心拍数が安定し、神経系がリラックスします。これはまるで穏やかな波に身を委ねる感覚で、緊張を取り除くのに役立ちます。

2. ポジティブな心構え

緊張の中でポジティブな心構えを持つことも大切です。成功体験や自分の強みにフォーカスすることで、ネガティブな感情を打ち消すことができます。例えば、緊張する前に「これまでの経験や努力があるから大丈夫」と自分に言い聞かせることで、自信を取り戻すことができます。

3. 現実志向の考え方

緊張は未来の不安から生まれることが多いです。

そのため、現実に焦点を当てることが重要です。例えば、具体的な行動やスピーチの一部に注意を向けることで、抽象的な心配事から離れられます。これはまるで目の前の小さなステップに焦点を当てるような感覚で、大きな課題を少しずつクリアできます。

4. リハーサルと準備

本番前にしっかりとリハーサルを行うことも緊張を和らげるポイントです。スピーチやパフォーマンスの流れを予め把握し、自分の役割や動きを確認することで、不安感を軽減できます。これはまるでスクリプトの中で自分の役割を確認する感覚で、安心感を生み出します。

本番での緊張は克服可能であり、呼吸法、ポジティブな心構え、現実志向の考え方、そしてリハーサルと準備を通して、初心者でも安心してパフォーマンスできるようになります。

これらのシンプルな方法を積極的に取り入れて、本番での緊張を楽しい挑戦に変えてみましょう。

 人前で声が震える緊張に打ち勝つ方法

人前でのプレゼンテーションやスピーチ中に声が震えてしまうことは、多くの人が経験する緊張の一形態です。しかし、これを乗り越える方法があります。声が震える状況にどう対処するかに焦点を当て、実践的な方法を紹介します。

1. 深呼吸とリラックス

声が震える原因の一つは緊張です。深呼吸を意識的に行い、ゆっくりと息を吐くことで身体がリラックスし、声の震えを和らげることができます。これはまるで風の中で揺れる葉っぱが穏やかになるような感覚で、自分をリラックスさせる手段です。

2. スローペースで話す

急いで話すことが、声の震えを引き起こすことがあります。ゆっくりとしたペースで話すことで、呼吸が整い、声のコントロールがしやすくなります。これはまるでゆっくり流れる川が、急激な流れに比べて静かな感じがするようなもので、聴衆にも伝わりやすくなります。

3. 資料やノートに頼る

資料やノートを手にすることは、安心感を生む一因です。必要な情報が手元にあることで、自信を持ちつつ、声の震えを抑えることができます。これはまるで地図を持っていると、目的地にたどり着くことができるような感覚で、安心感を得ることができます。

4. ジェスチャーや表情を活用

声だけでなく、ジェスチャーや表情も伝える手段となります。身体の動きや表情を活用することで、言葉だけでなく視覚的な要素も聴衆に伝わり、声の震えをカバーできます。これはまるで絵本を読むときに、絵がストーリーを補完してくれるようなもので、聴衆とのコミュニケーションがスムーズになります。

声が震えることは誰しもが経験するものですが、深呼吸、スローペースな話し方、資料やノートの活用、そしてジェスチャーや表情を意識的に使うことで、初心者でも緊張を乗り越え、自分の声をコントロールすることができます。これらの方法を実践して、緊張に立ち向かいながら、堂々としたパフォーマンスを楽しんでください。

頭が真っ白になった時の冷静な対処法

頭が真っ白になる瞬間は誰しも経験があるもの。仕事のプレゼン、試験、あるいは普段のコミュニケーション中においても、これは誰にでも起こりうる状況です。しかし、そのような時こそ冷静な対処が必要です。今回は、頭が真っ白になった時にどうすればいいのかを紹介します。

1. 状況を把握する

頭が真っ白になったら、ますます焦りがちですが、まずは状況を冷静に把握しましょう。何が原因であるか、どのような状況にいるのかを確認することが大切です。この状況分析が、冷静な対処の第一歩です。

2. 深呼吸とリラックス

深呼吸はストレスを和らげ、頭をクリアにするのに効果的です。ゆっくりと深呼吸し、余裕を持ってリラックスすることで、頭の中の情報が整理されやすくなります。例えば、「息を吸って… そしてゆっくりと吐くんだ」といった具体的な指示が役立ちます。

3. シンプルなキーワードを思い出す

頭が真っ白になった時、複雑な情報を取り扱うことは難しいです。代わりに、シンプルなキーワードや基本的なポイントを思い出すことで、情報を復活させることができます。まるで手がかりを辿るように、最も基本的なアイデアや事実を挙げ、そこから徐々に考えを広げていくと良いでしょう。

4. 質問を活用する

自分に質問を投げかけることで、頭の中にある情報を引き出しやすくなります。簡単な質問から始め、それに対する答えを考えることで、徐々に記憶が戻ってくることがあります。例えば、「何が問題だったっけ?」や「何を伝えたいのだろう?」といった質問が役立ちます。

頭が真っ白になった時、焦ることなく冷静に状況を受け入れ、深呼吸やシンプルなキーワードの思い出し、質問を通じて復旧を図りましょう。

これらの対処法を使えば、ストレスなく冴え渡ることができます。

人前で自信をもって話せるようになるためには、準備を徹底することも大切!

たくさんの人の前でのスピーチで緊張してしまう場合は、事前の準備、本番前の準備、本番での心構えなどを把握しておきましょう。

緊張したくない、スピーチを成功させたいと気構えてしまうと、より緊張感を高める悪循環に陥ってしまうかもしれません。

そのため緊張しないための準備を徹底することはもちろんのこと、「誰もが緊張するもので失敗しても気にしない」と割り切ってポジティブに考えることも大切です。

人前での緊張を和らげ、

これらを組み合わせ、少しずつ実践することで、人前での自信を築くことができるでしょう。

コミュニケーション講座の体験レッスン実施中!

日常生活でいきなり実践となると中々ハードルが高いと感じる方、どうしても途中であきらめてしまう方。コミュニケーション講座で練習するのも一つの方法です。

練習の中である程度経験するだけでも日常でのやり易さが変わってきます。

他に実践していく中で、こういう場合どうしたらいいの?という疑問もいろいろ出てくると思います。

そうした疑問もプロのコミュニケーション講師に聞くことができるので、早く上達していきます。

何よりプロの目から見て何をどう改善したら良いか、的確なアドバイスがもらえることは大きいと思います。

客観的に自分がどう見られているのか他人には聞きづらいことも聞けるのは、コミュニケーション講座を受けることのメリットです。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は、少人数制のレッスンで一人ひとりの課題に合わせ専門講師がしっかりサポートします。

実技8割のレッスンカリキュラムは、日常生活のシチュエーションに合わせ実践練習をするので、普段に活かしやすいと好評価を得ています。満足度90%以上のレッスンを体験してみてください。

コミュニケーション講座の体験レッスン、随時募集中!

岐阜・名古屋・富山・石川で開催中です。

詳細はコチラをご覧ください。


以上、本日の無料公開ブログでした。
お読み頂き誠にありがとうございます!

詳しい情報やノウハウ、技術的な指導や解説は、各教室にて開催されているレッスンにて専門講師陣たちが懇切丁寧にご指導いたします。

当スクールは、マンツーマンレッスン中心の少人数制です。そのため、募集定員も各教室20名までとさせて頂いております。

先着順ですので、ご興味のある方はお早めに体験レッスンにお申し込みください。


高岡市からのアクセス

高岡市からは
お車や公共交通機関でお越しやすい
富山会場がオススメです。

富山会場

会場外観
高岡市からアクセス便利な富山会場サンフォルテ
建物内の貸会議室になります
住所

〒930-0805

富山県富山市湊入船町6−7
富山県民共生センター サンフォルテ

お車でお越しの方へ

敷地内に駐車場あり。

高岡市から

高岡市役所から
富山高岡バイパス・県道8号 経由で約30分

公共交通機関でお越しの方
高岡市から

高岡駅から富山まで徒歩約45分

Google Map

【富山・高岡】あがり症克服|人前で緊張しない方法とは?緊張する人の特徴やその理由|話し方教室

当ブログご愛読者様の主要エリア

愛知県

名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村

岐阜県

岐阜市、大垣市、高山市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、飛騨市、本巣市、郡上市、下呂市、海津市、岐南町、笠松町、養老町、垂井町、関ケ原町、神戸町、輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町、池田町、北方町、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町、白川村

三重県

津市、四日市市、伊勢市、松阪市、桑名市、鈴鹿市、名張市、尾鷲市、亀山市、鳥羽市、熊野市、いなべ市、志摩市、伊賀市、木曽岬町、東員町、菰野町、朝日町、川越町、多気町、明和町、大台町、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、紀北町、御浜町、紀宝町

富山県

富山市、高岡市、魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、舟橋村、上市町、立山町、入善町、朝日町

石川県

金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市、川北町、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、中能登町、穴水町、能登町

福井県

福井市、敦賀市、小浜市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市、永平寺町、池田町、南越前町、越前町、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町

あがり症克服・人前・緊張しない方法|改善法・解決策|話し方教室|コミュ力UP・コミュ症の克服|岐阜・名古屋・三重・富山・金沢・福井・滋賀|コミュニケーションのコツ教えます|アトリエシャンティ|魚津市、氷見市、滑川市、黒部市、小矢部市、南砺市、

アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜各務原・名古屋・富山の話し方教室・コミュニケーション講座です。
ただ今、通常より10,000円お得にレッスンを受けられる「体験レッスンお得キャンペーン」を開催中!
アトリエシャンティでは生徒一人ひとりを大切に懇切丁寧な指導を心がけています。
カリキュラム内にマンツーマンレッスンを取り入れているため、各教室の定員を20名とさせていただいております。
ただいま各教室ともに満席に近くなっております。
体験レッスンを受講された方から生徒枠を確保していますので、気になる方はお早めに体験レッスンを受けてみてください!
教室の雰囲気やレッスン内容など、ぜひ自分の目で体験してみよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次