【ご予約受付中】11月23日(水)26日(土)27日(日)に各務原教室・名古屋千種教室で体験レッスンを開催!

自分から話しかけられない原因や特徴、改善方法やおすすめの話題を紹介します!

みなさん、自分からなかなか話しかけられなくて悩んでいる人はいませんか?

原因や特徴を理解して改善方法を見つけましょう。

オススメの話題も紹介するのでぜひ活用してください。

目次

自分から話しかけられない原因とは?

まずは自分から話しかけられない原因を見ていきましょう。

原因を知って今後に活かしていきましょう。

話しかけた時にどう思われるか不安になってしまう

話しかけた時相手がどう思うか気になってしまうことってありませんか?

悪く考えてしまう人だと、なかなか自分から話しかけることって難しいですよね。

「話しかけていいか大丈夫かな?」

「迷惑になったらどうしよう」

など考えてしまい、自分が他人からどう思われているのか不安でたまらなくなってしまい声をかけれなくなってしまうのです。

 話す話題が思いつかないから

会話が受け身になりやすい人は、自分から話かけるのに勇気が必要です。

「話が途切れた時になんて話しかけたら良いのか分からない」

「間違っていたらどうしよう」

「相手に気を使いすぎてしまう」

などと考えてしまい、自分から話すことができません。

変なことを言って相手に嫌われたくないから

人と話していても、自分の話の内容が正しいか気になってしまうことも話しかけられない理由の一つになります。

「相手がどう反応してくるか様子を窺ってしまう」

「相手の反応が気になってしまう」

というように深く考えすぎてしまい苦手意識が働き自分の意見を言えなくなります。

コミュニケーションするのに自信がない

コミュニケーションが苦手な方は、自分に自信がなく話しかけることを避けがちになってしまいます。

「上手く会話する自信がない」

「場を盛り上げる自信がない」

などと考えてしまい、自分から話しかけられないのです。

話したいことを言語化するのが苦手だから

話したいことはたくさんあるのに、うまく言葉にできない特徴があります。

「話す言葉が思い浮かばない」

「言葉を考えるのが苦手」

「悩んでしまい会話に詰まってしまう」

など、分かっていてもなかなか言語化できず自分から話しかけることができません。

コンプレックスがあるから

何らかのコンプレックスがあると、自分から積極的に話しかける勇気が出ないのです。

「自分の声が低くて嫌い」

「話し方が変だね」

などと人に言われたことはありませんか?

他人から見ると全然気にならないことも多いでしょう。

相手が気にしている場合、誰にも話しかけたくないという心理になってしまうのです。

自分のことを話したくない

人の話しを聞くのは嫌いじゃないけど、自分のことを話したくない人がいます。

自分の家族のことや仕事のこと、誰にも言いたくない趣味のことなど誰にも話したくないものがある人は自分から話しかけることはないでしょう。

近所の人には話しかけたくないけど、それ以外なら大丈夫など人それぞれです。

自分から話しかけられない人の特徴や行動とは?

次は話しかけられない人の特徴やどんな行動をするのか見ていきましょう。

特徴や行動をしり自分を見直しましょう。

引っ込み思案な性格

人前に出るのが苦手な人は、話そうと思っていてもできない人がいます。

・話しかけることをネガティブに感じてしまう。

・自分の意見が言えない

・コミュニケーションするのが苦手

・人と会うことが苦手

会話のキャッチボールが上手くできず、話すことに苦手意識を持っているのでしょう。

 過去に受けた嫌なトラウマがある

昔あった嫌な経験を忘れられず、思い出すと自分から話しかけることができなくなってしまいます。

「余計なことを言って嫌われてしまった」

「いじめられるのが怖くなって、話しかけられなくなってしまった」

全否定されて、傷ついてしまった

など過去のトラウマによって話しかけられなくなってしまいます。

過去に起こったことに恐怖心を持ってしまい話しかけることを躊躇してしまうのです。

育った家庭環境に問題がある

人間関係が苦手な人は、幼い頃育った家庭環境に問題があるかもしれません。

「親に怒られて、自分の意見が言えなかった」

「兄弟もいなく親が忙しくて一人でいる時間が多かった」

など家族との会話が不足していたことで、今話しかけられないことになっているかもしれません。

そのことが影響して人と話すことが苦手に感じてしまいます。

相手の顔色を見てしまう

いろんなことを考えてしまって相手の顔色を伺うことをしてしまいます。

相手がどう思うのかに意識が向いてしまって不安になってしまうのです。

「今、話しかけて大丈夫かな?」

「嫌な思いしないかな?」

「自分に話しかけられて迷惑じゃないかな?」

など相手に気を使いすぎて話しかけられなくなってしまいます。

繊細な心を持っていて、傷つきやすく、相手の反応に敏感です

繊細な人は、会話する時に必要以上に相手の表情や態度を観察してしまうことがあります。

例えば、

「今の言葉自分に対して怒っているんじゃないかな」

「表情が曇っていたけど機嫌悪いのかな」

などちょっとしたことにも反応してしまうのです。

相手が思っていないことも必要以上に考えてしまって疲れてしまいます。

考えすぎて自分から話すことができないのです。

自分のことだけしか考えられず他人に興味がない

人に興味なく自分の事だけしか考えられないと考えてしまう人は、相手とどんな話をしたらいいのか深く考えすぎてしまう所があります。

「盛り上がる会話方法が分からない」

「相手の気持ちを考えながら話すなんて出来ない」

など、自分のことばかり考えてしまいます。

話がまとまらず、他の人と話すことに躊躇してしまうのです。

話す話題がない

話しかけたいと思っていても、その人との共通点や会話のネタがないから話しかけられない、という人もいます。

相手の情報を知らないので何を聞いたら良いのか分からないのです。

・どういう人なのか?

・何が好きなのか?

など分からないことが多いのが特徴です。

自分から話しかけるのが苦手な人は、会話のネタを見つけることができないため、話しかけることができません。

自分から話しかけられるようになるには?

自信のプレゼン

自分から話しかけられるようになるにはどうしたら良いのでしょうか?

具体的な解決方法を見ていきましょう!

笑顔で挨拶をしよう

まずは挨拶からするように意識しましょう。

挨拶をすると自然と話しやすい雰囲気になり、周囲から話しかけられるようになります。

「おはよう!」

「こんにちは!」

「お疲れ様」

など、毎日自分から挨拶をするようにしましょう。

笑顔で挨拶することで、あなたの印象がよくなって、周りの人と話しやすくなります。

聞き役になろう

話しかけづらいという人は、まずは聞き役になってみるとどうでしょう。

・相槌をいれる

・相手の話していることに共感する

・いろんな質問をする

などを意識してみましょう。

聞き上手は相手から良い印象を持たれたり、仲良くなることができます。

その結果、自分からも話しかけやすくなっていきますよ。

落ち着いて自然体で話す

人からどう思われるかは気にしないで、リラックスして話すよう心掛けてみましょう。

・うまく話そうとしない

・ゆっくり話す

などを意識してみましょう。

無理に話しかけようとせずに、自然体の自分でいることで、話が出てきやすくなります。

褒めることを意識しよう

褒められて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

たくさん褒めるようにしましょう。

相手と仲良くなり、話しかけやすい関係になれます。

髪型、服装など分かりやすいところから褒めてみましょう。

など、意識しながら話していきましょう。

会う回数を増やしてみる

人はよく話す人に対して好意的になっていくことがあります。

挨拶を自分からしていき、接触回数を増やしてみましょう。

「いつも挨拶してくれるひとだ」

と相手に良い印象を与え、続けていくうちに自分からも話しかけやすくなります。

日常での取り組みが大事で、

一度きりではなく、毎日一回でもその人と関わることがポイントです。

上手い人の真似をしてみよう

自分から話せる人は、

自分との違いはなんだろう?

と考えた事ありませんか?

そういう時は、その人の上手な部分を真似してみましょう。

・どういうタイミングで話しかけているか

・どんな話題を話しているか

・リアクションはどんなふうにしているか

真似することで最初はできなかったことができるようになってきます。

日頃からポジティブな言葉を使うようにしよう

ネガティブな性格だと、誰も積極的には関わりたくないはずです。

たとえば、「周りより仕事や行動が遅い」としたら「マイペースで一つひとつの作業が丁寧」などと言い換えることによって、ポジティブ変換するのです

すると周りから明るい人という印象を持たれるので話しかけられやすくなります。

自分から話しかけられない時におすすめのネタや会話を広げやすい話題を紹介します

ここからは具体的にどう言う話題を話すと良いのか紹介します。

ぜひここからの話題で相手と仲良くなろう

 天気・季節等の話題

天候や季節は誰にでも共通して話せる話題です。

・最近暑いですね、どこかいきましたか?

・台風の話で台風の話題につなげる

誰とでも共通して話せるので、会話が盛り上がりますよ。

休日の過ごし方

休日の過ごし方を聞くことで、相手の好きな事や趣味もわかるので、話題が見つかります。

「僕は休みの日は○○して過ごしたんだけど、○○さんは何してた?」

など、自分の話を交えて質問すると相手は答えやすくなります。

 どっち派かなどの二択で答えれる質問

「外食派?自炊派?」

「朝はご飯?パン?」

など、相手が答えやすい質問をするのがおすすめです。

答えてもらったことになんで?と疑問を持って話すことで、より会話が広がっていきます。

好きな食べ物の話

好きな食べ物の話をしてみると良いでしょう。

食べ物の話は、お互いに気軽に話せる話題なので、そこから会話を広げることができます。

「好きな食べ物ありますか?」

と軽い感じで聞いてみましょう。

将来の目標や夢の話

自分の目標や夢の話をするのがおすすめです。

相手に自分のことを知ってもらえるし、興味を持たれるようになります。

・目標や夢のために頑張っていること

・目標や夢を持つようになったきっかけ

など、聞いてみると良いでしょう。

実は僕もと会話にしっかり混ざってくれて、話が盛り上がっていきやすいです。

自分から話しかけるためのポイントを実践して、自分から話せるようになろう!

自分から話しかけられない人は、自信がなかったり相手がどう思っているのかを気にしてしまうことがあります。

ここまで紹介したことを意識して行動すると話しやすい空気になって、言葉も出てきやすくなります。

話しかけ方のポイントを意識して、普段の会話に活かしてみてください。

コミュニケーション講座体験レッスン開催中

自分に自信がない、なんて話しかけたら良いのか分からない、相手がどう思っているのか不安だ。

そんな悩みを抱えている方は、コミュニケーション講座に通ってみるのもおすすめです。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では実践形式のレッスンをしているので上達が早くなります。

また、一人一人に専属の講師がつくので自分の悩みにあったことを学ぶことができます。

コミュニケーションというのは練習をしなければ上達しないのでぜひ学んでみましょう。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は、岐阜・名古屋・富山・で体験レッスンを受付中です。

ひとりひとりを大切に懇切丁寧な指導をモットーにしているので、会員数に定員があります。

残席数も残り僅かなので、気になる方はぜひ体験レッスンを受けてみてください。

詳しくはこちら

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次