【ご予約受付中】10月8日(土)岐阜各務原教室、10月9日(日)名古屋千種教室で体験レッスンを開催!

人付き合いが苦手な人へ人間関係の鍵はコミュニケーション

コミュニケーションが苦手な人ほど人付き合いが苦手な人が多いです。

だからといって人とコミュニケーションを取らずに過ごすことはできません。

今回は人付き合いが苦手な人にむけて人付き合いが苦手な人の特徴と対処方法を紹介します。

目次

人付き合いが苦手な人に伝えたい3つのこと

人付き合いが苦手なことは悪いことばかりではない

人付き合いが苦手と言われると悪いイメージが強く感じてしまうと思いますが、

実際人付き合いが苦手と言われる人の中には「相手の事を考えすぎてしまい気疲れしてしまう」という人もいます。

でもこれは逆に言えば「他人の気持ちを気遣う事が出来て思いやりのある人」とも言えます。

近頃の若者は気遣いが出来ないと言われている事が多い中これが出来る人は色々な所で重宝されます。

そんな人程人付き合いが上手く出来るようになると「人の気持ちが分かる」という長所を活かして素晴らしい人間関係を作っていくでしょう。

まず行動から変えてみる

人の気持ちと行動というのは繋がっています。

例えばピーマンが嫌いな人は目の前にピーマンを出しても進んで食べる事はしないでしょう。

逆にピーマンが好きな人なら進んで食べるかもしれません。

この二つのパターンは行動だけで見ると正反対な行動をしていますが、

行動の原理はそれぞれ自分の気持ちから出ています。

このように気持ちと行動は繋がっているので気持ちを変えたいならまず行動から変えてみるのも一つの手です。

人間生まれ持った性格から変えていこうとしても中々変わらない事が一つの事実です。

しかし何も行動をしなければ変わらない事もまた事実です。

少しずつでも良いので前進する事が大事です。

自分の性格や癖をどう変えればよいか分からないという人程行動から変えてみる事をお勧めします。

苦手な人との接し方を変える

人付き合いが苦手と感じるようになったきっかけは人それぞれです。

とある苦手な人との関係がうまくいかなかった過去があるからこそ苦手と感じて今も引っかかっている人もいます。

もしかしたらあなたが人間関係を苦手だと感じるのはその人だけであり他の人と接してみたら以外にも上手くいくかもしれません。

人付き合いが苦手だと感じているのは自分自身のまやかしかもしれませんよ。

人間だれとでも仲良くなれるのが理想かもしれませんが時には無理な相手は無理と割り切る事も必要です。

人付き合いが苦手な人の16の特徴

人付き合いが苦手になった理由は人それぞれですが訓練をすれば必ず解決できます。

その為には人付き合いが苦手になった根本の原因を探る必要があります。

人付き合いが苦手な人の特徴をまとめてみたので参考にしてください。

話が現実的であるか考えてしまう

現実主義な人の良いところとして物事のプラス面とマイナス面の両方を捉える事が出来ます

だからこそ的確な判断ができることが挙げられますが、逆に言い換えてしまうと周りが理想を語り盛り上がっている中一人現実的なことを発言して引き下げてしまったり、空気が読めないと言われてしまう事もあります。

完璧主義

完璧主義な人の特徴として自分自身に完璧を求めているので自分の周りにも完璧を求めてしまいがちです。

それでいて自分の思い通りに動いてくれない人たちにいらだちを感じて強く当たってしまったりストレスを抱えてしまう事もあります。

そんな状況で良い人間関係を作る事は中々難しく人付き合いが苦手になってしまったという人もいます。

相手の気持ちを考えすぎてしまう

人付き合いが苦手な人は必ずコミュニケーションで問題を抱えています。

先程も述べた通り相手の気持ちを考えられることは良い事もたくさんあります。

だからこそコミュニケーションを鍛え上げて良い人間関係を作れるようになれれば相手の気持ちを考えつつも良い人間関係を作る事が出来るでしょう。

1人で過ごしたいと思う

そもそも人といるだけで落ち着かなかったり出来るだけ一人でいたいと思う人もいます。

コミュニケーションを取るのが苦手な人であったり上手くいかない事が続くと人と対面する事自体を避ける傾向があり暇なときは誰ともかかわらずにいるほうが楽でいられるでしょう。

自分の事を言うのが苦手

自分に自信がない人が陥りがちな事です。

自分に自信がない人程自分の事を周りに出してしまうのが嫌なのです。

話すことよりも聴くことの方が多く自分の事を深く聞かれれば聞かれるほど答えられなくなってきます。

内向的

聞き役に回りやすい人ほど内向的になってきます。

悩んでいる時や思考が相手ではなく自分に矢印が向いている状態です。

この状態を改善させるには気持ちを外に向ける事が大切です。

意識する事が大切なので内向的な人はまず意識しましょう。

初対面の人とは逆に話せる

人付き合いが苦手の中には初対面の人は話せるという人もいます。

これは初対面の人であれば毎回同じような事を話せばよいと考えてしまうと

話をする事自体は出来るけれども表面的な話しのみしかできず二回目、三回目になると話すネタがなくなり二度見知りをしてしまうのです。

たくさんの人が集まる場所が苦手

人によく気を遣う人ほどたくさんの人が集まる場所に訪れると気疲れしてしまう人が多いです。

週末に沢山の人と会うと疲れてしまい平日は仕事が終わったらすぐに家に帰って寝てしまう人もいるのではないでしょうか。

話はしなくても沢山の人がいる場面にいるだけでも辛いと思ってしまいます。

沈黙に恐怖を覚える

みなさんも会話が続かなくて陥る沈黙に困ってしまった事はありませんか?

会話を続けないとまずいと思うけど話そうとも何を話したらよいか分からなかったり上手くいかないと困って疲れてしまったりします。

他人からどう思われているのか気にしてしまう

他人からどう思われているか気になってしまい、

不安が付きまとうと上手くいかなくてストレスを抱えてしまったり自分が思った時に思った事が言えなくて人間関係に問題を抱えてしまうのです

こだわりの趣味がある

たまにあるのが趣味に没頭してしまい黙々と取り組んでしまう人です。

趣味に関して情熱はあることは良いのですが、没頭している時に他人とのコミュニケーションが雑になったり人間関係がうまくいかなくなったり「冷たい」と思われる人こともあります。

思い込みが激しい

他人の印象を思い込みで決めてしまうのはもったいないことです。

人の話を聴いても自分の考えや思い込みで判断してしまうので他人とコミュニケーションを取っていても話が食い違ったりトラブルになってしまう事もあります。

こんな人はまず物事を色眼鏡で見ないでまっさらな気持ちで見る事が大切です。

会話をする時に意識を自分ではなく相手に向ける事を心がけてください。

雑談が苦手 

自分自身が話すことが苦手だと話す機会自体も減っていき会話の引き出しも減っていきます。

話すことに自信をつけるにはやはり経験が必要です。

不安な気持ちは拭えないと思いますが、勇気を出して話してみましょう。

頼まれごとを断れない

他人の気持ちを気にしすぎて行動できない人は、頼まれごとを断れない傾向があります。

頼まれごとをされた時にコミュニケーションを取って対処できれば良いのですが、コミュニケーションを取る事が苦手な人はコミュニケーションを取る事を避けるために嫌な頼まれごとでも断りずらくなり、つい引き受けてしまうのです。

中には自分が頼まれごとを断れない性格であることを分かっていてあえて頼まれごとをされないような立ち振る舞いをする人もいます。

そのため、嫌な頼まれごとをされた時に断れるコミュニケーションを取る事が大切ですね。

自分の価値観を大切にしている

価値観を持つのは良い事です。

しかし、他人の価値観と合わないからと言って相手のすべてを否定するような言い方や立ち振る舞いをしてコミュニケーションを取ることから避けがちです。

自分の価値観を相手に押し付けるのは良くないです。

お互いが分かち合うようなコミュニケーションを取りましょう。

何を話そうか考えているうちに会話が終わる

会話はある意味生き物です。

旬を逃してしまうとおいしくありません。

会話が苦手な人は話す内容ばかり考えてしまいタイミングを逃してしまいます。

また会話を続ける力も持っていないので沈黙が続いたり広がらなかったりします。

思った事を口に出すことも時には必要です。

人付き合いが苦手なのを克服するには?

ここまで人付き合いが苦手な人の特徴について紹介していきました。

では実際にどうすれば克服できるのか紹介していきます

相手のいいところを見つける

相手に意識を向ける方法としてよいところを見つけるというのがあります。

相手と会話を続けなければいけないという気持ちよりも会話を楽しむ事が大切です。

相手の良い所を見つける事によってコミュニケーションの幅が広がっていきます。

人付き合いが苦手な自分を受け入れる

人付き合いが苦手だからと言って自分自身を否定する必要はありません。

自分自身を否定し続けると自身も失い、出来る事も出来なくなってしまったり良い事はありません。

人付き合いが苦手な事を克服したければまず今の自分を受け入れる事です。

自分の事を好きになれない人は他人も好きになれません。

好きになる為にもひとつひとつ認めていきましょう。

信頼できる人との絆を大切にする

人付き合いは多ければよいというものでもありません。

コミュニケーションも質と量のどちらも大切です。

信頼できる人が何人かいるだけで人生の充実感が満たされていくものです。

その為にもコミュニケーションの質を鍛えていくことが大切になります。

コミュニケーションを鍛えて人付き合いを得意になろう

人間関係を改善するにはコミュニケーションの知識と実践力が必要になります。

得た知識を最大限に活かした実践トレーニングをすることで効果的にコミュニケーションが改善できます。

職場やプライベートでの人間関係を構築するために、正しいコミュニケーションの方法を学ぶことで、より効果的に良好な関係を築くことができます。

また、それが対人への自信になっていきます。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では、人間関係でストレスを抱えている方をサポートする内容が充実しています。

コミュニケーション講座体験レッスン実施中

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では、実践トレーニングを中心としたグループレッスンや1人1人に合わせた個別指導レッスンを行っているため自分の悩みを解決することが出来ます。

レッスンでは、直ぐに実践できるものばかりなので、習ったその日から日常で活用することができます。

教室の場所は、名古屋校・各務原校・北陸の富山で開催しています。

詳しくはこちら。

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる