【ご予約受付中】10月8日(土)岐阜各務原教室、10月9日(日)名古屋千種教室で体験レッスンを開催!

感じが悪い人の特徴とは?うまく関わる方法も紹介!

あなたの周りに「この人は感じの悪い人だな」と感じる人はいませんか?

その人の態度や行動、見た目や雰囲気で感じが悪いと思われてしまうこともあります。

気をつけてはいるけど、なぜか感じ悪いと思われることもありますよね。

感じの悪い人がいるけど、どう関わっていけばいいのか分からないというお悩みをお持ちの方もいるかと思います。

そこで今回は感じ悪い人の特徴や対処法をご紹介していきます。

目次

感じが悪い人の特徴

感じが悪い人にはどのような特徴があるのでしょうか?

感じの悪い人には共通する特徴があります。

特徴を知ることで、なぜ感じが悪いと思うのか理由が見えてくるはずです。

相手を信頼できず距離を取る

これから仲良くなりたいと思っている人に対しては、表情や声のトーンを明るくして友好的な態度を示しますよね。

反対に信用できないと感じる相手に対しては、警戒心から冷たい言い方や態度を示してしまったり、そっけない態度をとってしまうこともあります。

「今後も仲良くしていきたい。」

「この先も良い関係を続けていきたい。」

と思えない相手には、信頼感の無さからこちらも良い対応ができないので、良い印象を与えることはないでしょう。

相手のことが分からないうちからブロックしてしまうと、人間関係を広げる機会を台無しにしてしまうので気をつけましょう。

素直になれない

感じの悪い人の中には意地を張りやすく、周囲の人から

「何か手伝えることはない?」

「無理はしていない?」

と気にかけてもらう場面があっても、つい素っ気ない返答をしてしまうことがあります。

助けて貰うのは相手に対して申し訳がない、相手の手を借りるのは迷惑をかけてしまうといった思いから、助けを求めることを非常に苦手としています。

そのように強がってしまう人は、完璧主義であるところも共通点のひとつにあります。

いつも理想の自分を思い描いており、そこから外れてしまうと、つい追い込んでストレスを溜め込んでしまいます。

自分に合った息抜きの方法を探して、ストレスを発散するようにしましょう。

相手より優位に立ちたい

いつも態度が大きく、鼻につくような発言ばかりしてくる人いますよね。

「相手よりも優位に立ちたい」

「下に見られたくない」

という心理があり、周りからは感じが悪い人だなと思われてしまいます。

自分は尊敬されているため、大きな態度をとっても問題はないと思っていますが、相手からはそう思われず、「偉そうで嫌な人だな」という印象しか持たれません。

深く考えず聞き流したり、あまりにもしつこい場合は相手にやめて欲しいと伝えてみるのも一つの手です。

相手の悪い部分に目が行く

完璧を求めたり、相手を試すような目線で見てしまったりする人は、つい相手を悪く評価してしまうケースがあります。

相手の言動にがっかりしながら冷たく接してしまったり、傷付く言葉を言ったりもします。

実は、相手の悪い部分に目が行く人はイライラしている場合が多いです。

他にも、相手の自己正当化により、悪いところがなくてもこちらのせいにされてしまったりすることもあります。

そういう人の心理として、強い嫉妬心があって、相手が気にくわなかったり、プライドが高く、ストレスを発散したいなどがあります。

もし、悪い部分を指摘されたとしてもポジティブに捉えて、「悪いところを指摘してくれて、気づかせてくれてありがとう」と思い、悪いところを直すようにしましょう。

悪いところが無ければ指摘はほとんど受けません。

人によって態度を変える

人によって態度を変える人いますよね。

上司や社内人脈が広い人には愛想がいいが、自分より下の立場の人には横柄で威張っている人など、一度は見たことがあると思います。

その人と関わって自分にメリットがあるかどうかで、判断している場合が多いです。

初めは誰に対しても人当たりはいいのですが、自分にメリットがないと分かると急に態度を一変させるのです。

対処法として、深い付き合いは避けてある程度の距離を置いて関わることや、そういう人だと思って割り切って気にしないようにすることがおすすめです。

表情に出てしまう

感じの悪い人は、どこか不機嫌そうでイライラしていそうな表情をしていたり、不貞腐れた表情や何を考えてるのかわからない表情をしていることが多いです。

他にも明らかに馬鹿にしたような表情をしていたり、性格の悪さを隠し切れない人もいます。

例えば、ニヤリと片方の口角だけを上げて笑ってしまったり、鼻で笑ってしまったりもします。

そんな表情をしている人は周りからいい印象は持たれないですよね。

自分ではいつも通りの表情をしていると思っていても、実はそんな表情をしてしまっていることもあります。

普段自分がどのような表情をしているか意識するようにしましょう。

自分がどう思われているかを理解していない

本当は煙たがられているのに、自分は職場の人気ものだと勘違いしていたり、自分がどう思われているのか理解していない人もいます。

人に喜ばれることをしているはずなのに、なぜ敬遠されてしまうのか自分でもわからないという方もなかにはいるでしょう。

そんな人は無意識に、この記事に書いてある特徴に当てはまっていたり、周りに感じが悪い印象を与える行動をしてしまっている可能性があります。

無意識にやってしまっているNG行動がないか見直して、人に良い印象を与えられるように変えていきましょう。

感情表現が上手にできない

自分が不満や不平を感じている表情をしていないと思っていても、周りから見ると怒ったような無表情のような表情になっていることがあり、それに気づいていません。

知らず知らずのうちに、冷たい印象を周りに与えてしまっているのです。

感情的になってしまったばかりに、反感を買ってしまった経験から、感情は抑えた方が良い、周りから注目されたくないという思考を持っている人もいます。

感情の表現が薄く考えが分からないので、周りから見ると「何考えているか分からない人だな」という風に思われてしまいます。

ネガティブな感情を出すと悪い印象を与えますが、ポジティブな感情を出すことは周りに良い印象や影響を与えるので、明るい感情はどんどん大袈裟なくらい出していきましょう。

感謝の言葉が控えめになる

・人と同じようにしておけば無難だろう

・うれしいけれどどう反応すれば良いか分からない

・お礼は形どおりにやらないと恥をかくかもしない

など考えてしまい、感謝の言葉が控えめになってしまうことがあります。

しっかり感謝を伝えないと「喜んで貰えてないのかな」「嬉しくないのかな」など相手にマイナスな印象を与えてしまいます。

なにかしてもらったときは、明るい表情をしたり、身振り手振りを入れて大きくリアクションをしたり、感情をわかりやすく伝えるようにしましょう。

伝え方を変えるだけでも、相手にかなり良い印象を与えることができます。

頭を軽く下げて謝罪してしまっている

頭だけペコッと下げる人や、何度も頭を下げる人は、形だけの謝罪をしている印象を受け、心がこもっていないと感じられてしまうことがあります。

誠意を伝えるためには、頭をしっかり下げることや少し長めに頭を下げてみましょう。

反省した態度を充分に示すことで、良い印象を与え相手の怒りも徐々に収まっていきます。

感じが悪い人への対処法

感じが悪い人への特徴を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

感じが悪い人の性格や心理が見えてきたのではないでしょうか。

ここからは、そんな人たちへどのように対処していけば良いか紹介していきます。

相手に気を使わない

多くの人は、相手に不快な言動を取られたとしても我慢して大人の対応を取ると思います。

しかし、相手に気を使わず自然に対応することが、感じが悪い人への対処法として有効になります。

相手の感じが悪いと思ったのなら、表情が硬くなったり、言い方がきつくなりますよね。

あなたのその態度が、相手に自分の取っている言動がどのような印象か分からせることができます。

つまり、あなたの言動が鏡のような役割を果たすのです。

感じが悪い言動を繰り返す人へは、敢えて気を使わず心のままに対応してみましょう。

足を引っ張らないようにする

感じが悪い人に対して、相手の足を引っ張るような行為はやめましょう。

そのような行為をしてしまえば、今度はあなたが「感じが悪い人」になってしまいます。

周りからの印象が悪くなり、協力してほしいときに誰も助けてくれないといった影響が出てしまいます。

そうなると、コミュニケーションがうまくいかなくなり、仕事や友人関係に支障をきたすようになるでしょう。

感じが悪い人にやり返してしまうと様々な悪影響が出てしまうので、やり返さないように注意する必要があります。

淡々と対応する

悲しくなったり、怒ったり、悔しい思いをすると感情的な対応を相手に対してしたくなりますよね。

そういった感情を抑えて、淡々と対応をすることが感じが悪い人への対応では必要になることもあります。

大事なのは相手に自分のペースを崩されないことです。

感情に身を任せて相手と言い合いをするより、グッとこらえて何事も無かったように対応するほうが、精神的な疲労は少なくなります。

特に感じの悪い人に振り回されてしまっていると感じている方はこの対処法を試してみると良いでしょう。

感じよく対応する

感じの悪い人の特徴で紹介したように、見下す意図や嫉妬心といった内心がなくても、表現が不器用なために印象を悪くしてしまっている人もいます。

その人たちの心理として、自分が比較的大きな問題を抱えているために、自分のことで精一杯になってしまっています。

その結果、想像力を働かせることができなくなってしまい、他者への気配りができなくなって感じが悪く映ってしまいます。

このタイプの人たちには、自分は感じよく接するようにしましょう。

もともとは、悪い意図を持っている人たちではないので、こちらが心を開けば相手も気を許して味方になってくれる可能性が高いからです。

感じが悪い人との関わりで悩んでいる方へ

感じが悪い人への対処方法について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

重要なポイントは相手の言動を過度に気にしないことです。

紹介してきたように、感じが悪い対応をされてしまう原因は様々です。

「あの人の態度が悪いのは、私のあの言葉が良くなかったのではないか。」

という風に考え込んでしまうと、あなたの負担になってしまい、心身ともに悪影響が出てしまいます。

どんな対応をするべきかは、相手によって変えていく必要があります。

しかし、常に相手の態度に惑わされず自分のペースで対応していくことが、感じが悪い人との接し方で一番大切なことなのです。

コミュニケーション講座体験レッスンやってます

紹介して来たように、感じが悪い人へは相手がどんな反応をしたとしても、自分はそれに動揺せず、心を平静に保って対処することが大切になります。

これは感じが悪い人に対してだけではなく、すべての人へのコミュニケーションでも当てはまることです。

特に苦手な人相手に心を揺さぶられ、思ったような対応ができないというお悩みを持つ人は多くいます。

そんな方は、コミュニケーション講座に通ってみるのもお勧めです。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は様々な実践形式のレッスンを取り入れています。

どんな人にも動揺せず対処するといった、基礎的なことからトレーニングしていくので多くの人の悩みを解決してきました。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は、岐阜・名古屋・富山・で体験レッスンを受付中です。

ひとりひとりを大切に懇切丁寧な指導をモットーにしているので、会員数に定員があります。

残席数も残り僅かなので、気になる方はぜひ体験レッスンを受けてみてください。

詳しくはこちら

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる