【ご予約受付中】10月8日(土)岐阜各務原教室、10月9日(日)名古屋千種教室で体験レッスンを開催!

会話する時に返しが思いつかない人の特徴や改善方法を紹介します!

皆さんは会話をする時に話しかけられてなんて返せば良いのかな?と思ったことはありませんか?

ここではそんな返しが思い付かない人や上手くいかない人の特徴や改善方法を紹介します。

目次

会話の返しが思いつかない人の特徴

会話の返しが思いつかない人はどのような特徴があるのでしょうか?

特徴を知って直していきましょう。

喋らなくちゃと意識してしまう

何か話さないといけないと意識してしまって上手く返せないということがあります。

相手に変に思われてしまわないかなどの想いから返す言葉が出なくなります。

何か喋らないといけないと思って焦ってしまうことがあるのが特徴です。

沈黙に対する恐怖心がある

会話が途切れてしまうと静かになってしまいますよね

上手く返せない人はその沈黙に耐えられない特徴があります。

沈黙になってしまうと、何か喋らないといけないとか黙っていたら変に思われるかもと考えてしまいます。

沈黙=悪だと考えてしまい、沈黙を恐れてしまう傾向があります。

なんて返せば良いのか分からない

そもそもなんて返せば良いのか分からないことがあります。

何か話そうとしてもなかなか出てこずにあたふたするかその場から離れたくなってしまうのです。

人に迷惑をかけてしまうという心理が働き、何も話さないか居心地が悪いなと考えてしまいます。

他にも話題についていけなくて話すことができなかったり自分の知らないことだと何を話したら良いのか分からないという思いから返し方が分からなくなってしまうのです。

自分の言いたいことだけ言う

自分の言いたいことだけ言って満足してしまう特徴があります。

なぜなら自分の知っていることや話せることに関しては上手く話すことができるので、分からないことより知っている話題の方が良いのでそのような行動をとってしまうのです。

いろいろなタイプの人がいます、相手の話を遮ってでも話す人や相手の話は黙って頷き自分のことだけ話す人などさまざまな人がいます。

なんて返したら良いのか分からなくなるので自分の知っていることの方が安心できるので自分の言いたいことを優先してしまう傾向があります。

頭で考えてしまう

会話の返し方が分からない人は頭で考えて話をするような傾向があります。

何を話そうかなとか話さなきゃと頭で考えてしまうことで混乱してしまったり反応が遅くなってしまいます。

なぜなら、自分の事ばかりで相手の方を見ていないので相手の状態や反応を見ていないので的確に返答をするのは難しくなるります。

会話の流れを止めてしまわないようにしようと考える

会話の返しが思いつかない人は、会話の流れを止めてしまわないようにと考えてしまいます。

流れを止めてしまうことで相手に変に思われたり嫌われることを恐れてしまい話せなくなってしまうことがあります。

例えば、場が盛り上がっているところで自分が発言することで変な目で見られたりしないかなとか自分のせいでよくない雰囲気にならないかなと考える特徴があるので注意が必要です。

会話の返しが上手い人はどのような特徴があるのでしょうか?

ここからは会話の返しが上手い人はどのような特徴があるのか紹介します!

上手い人の特徴を知ってできるようになりましょう。

会話がキャッチボールになっている

返しの上手い人は会話がキャッチボールになっています。

一人がボールを投げて相手が受けるというふうに会話が成り立っています。

会話は一人では成立しません、二人以上で初めてできることです。

お互い楽しんで会話することが大切になってきます。

例えば、話し方をゆっくりにしてみる

相手を気遣う言葉をかける

興味のありそうな話題を振る

など、相手が受け取りやすい言葉をかけることで会話を続けることができます。

上手い人は会話がキャッチボールになっているので上手くできるのです。

会話のテンポが良い

上手い人は一回の会話が短いのが特徴です。

会話を短くすることでお互いが喋れるので楽しく会話ができるので盛り上がることができます。

皆さんは会話をしている時に長話をする人と短くまとめて話す人とどちらが楽しく会話できそうですか。

話が短い方がたくさん会話ができますよね。

上手い人は会話のテンポが速いのが特徴です。

相手の話を楽しそうに聞く興味のあるふうに聞く

相手の話を聞くときに楽しそうに聞いていたり興味をもって聞く特徴があります。

自分のことに興味をもってくれたり楽しそうに話してくれるとこの人良い人だなと思いますよね。

相手の気分をあげることもできるので会話を盛りあげることができます。

知識や情報が豊富

返しの上手い人はいろんなネタや情報を知っているし話せるのが特徴です。

いろんなことを知っておくことで言葉の返しがたくさん思い浮かぶようになります。

他にも、一つのことがらについて知識が豊富な人も特徴の一つです。

周りにもいませんか?この人なんでも知ってるなとかこのことについてすごいよく知っているなと思う人いますよね。

いろんなことを知ってる物知りなのです。

思考がポジティブ

考えが他の人と比べて前向きでポジティブに考えることができる特徴があります。

ポジティブな考えでいると自分も明るくなるし周りも明るくなるので自然と言葉を返すことができます。

周りから見てすごく明るく見える特徴もあるのです。

質問に対するレスポンスが早い

会話の中で質問などに対する返事が早いことが挙げられます。

返事が上手い人は思ったことを素直に話しているから返事が早くできるのです。

レスポンスが早いことによって会話がスムーズにいきますし、たくさん会話ができるようになります。

相手の答えを広げて共感する

相手の答えから話題を広げ良いですね!やそうですよね!など共感する特徴があります。

答えから話題を話すことによって相手が話しやすい話題にすることができるし共感することで相手にどんどん話してもらうことができ自分の印象も変わってきます。

どうしたら会話の返しが上手くなるのか紹介します!

会話の返し方が上手い人と下手な人の違いはわかりましたか?

どうしたら会話の返しが上手くなるのでしょうか?

どうしたら会話の返しが上手くなるのか紹介します。

自己開示する

ポイントは自己開示することです。

自己開示することでお互いが喋るきっかけにもなるし、出たことを話題にすることで会話を盛り上げることができます。

お互い共通点が見つかればその話題で盛り上がることができるし、返事が分からなくても自己開示をすることで相手から何かしらの反応があるのでこのことについて返事をすることができます。

自己開示をすることでお互いを知ることができるので返事がしやすくなります。

共感する

思いつかない時は良いですね!わかります!など相手の言ったことに共感するようにすると良いでしょう。

皆さんは、良いですね!すごいですね!と言われたらどう思いますか?

自分の頑張りや知っていることを認められたようで嬉しく感じますよね。

相手の話したことに共感してあげると楽しく会話できますよ。

人は共感してくれると嬉しくなりもっと話したいなと思うようになるのです。

相手に喋ってもらう

質問は何も自分が答えなくても相手に喋ってもらう方法もあります。

日常会話=雑談が多いので面接の時みたいに一つずつ答える必要はないのでわかりましたやわかりませんでも大丈夫です。

それだけだと会話が止まってしまうのでそこに一つ付け加えます。

あなたはどうですか?を付け加えることです。

この質問をすれば会話を止めることなく続けることができるようになります。

例えば、好きなスポーツはありますか?に対し、特にないですねあなたは何か好きなスポーツありますか?のように自然に返すことができます。

これらなら苦手な人でもすぐに返せますよね。

オウム返し

返しに困ったらオウム返しにすると上手く返すことができます。

オウム返しをするメリットが3つあります。

1つ目は誰でも使えることです。

相手の質問をそのまま返すだけですので誰でも簡単に使うことができます。

2つ目は聞いてあげた感が出ることです。

相手にちゃんと聞きましたよという印象を与えることができます。

3つ目は時間稼ぎができることです。

ワンクッション置くことで考える時間ができるようになります。

会話のテンプレートを作る

過去に上手い返事ができたことをテンプレート化しておくと、返事を返すのが楽になります。

あらかじめ決めておくことで何を話そうかな?何を話せば良いんだろう?頭で考えることが減り沈黙もなくなります

皆が共通して知っている話題にそってテンプレートを作るとわかりやすいです。

過去に行った返事の成功例と失敗例を紙に書いておくなどして覚えておきましょう。

そうすれば頭で考えず自動的に返事を返すことができるようになります。

失敗例もテンプレート化しておくとこういう人にはやめとこうとかこの場面はやめておこうなど失敗する回数を減らすことができます。

相手の答えに対して質問を考える

相手の返事を元に質問を考えるようにしてみましょう。

一から質問を考えるより楽になります。

話題を膨らますことができるので会話を続けることができます。

例えば、私はみかんが好きです。→みかんのどんなところが好きですか?のように相手に行ったことに対して質問していくと良いでしょう。

まとめ

ここまで会話の返しが思いつかない人の特徴や解決策を紹介してきました。

相手に意識を向けてしっかり聞くことが大事になってきます。

今まで紹介したテクニックを日常で使ってみましょう。

コミュニケーション講座無料体験レッスン開催中

会話の返し方が思いつかない返し方が分からない、そんな悩みを抱えている人はコミュニケーション講座に通うのがおすすめです。

コミュニケーションというのは練習をしなければ上達しません。

アトリエシャンティでは一人一人に専属の講師がつくので自分の悩みにあったことを学ぶことができます。

より実践的に学ぶことができるので上達が早くなります。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は、岐阜・名古屋・富山・石川で体験レッスンを受付中です。

ひとりひとりを大切に懇切丁寧な指導をモットーにしているので、会員数に定員があります。

残席数も残り僅かなので、気になる方はぜひ体験レッスンを受けてみてください。

詳しくはこちら。

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる