会話が続かない人の特徴や原因と解決策を紹介します!

会話が続かないと思ったことはありませんか?

会社の同僚や友達と話している時会話が途切れてしまう、うまくコミュニケーションが取れないなど。

ここでは会話の続かない人の特徴や原因、解決するコツを教えます!

まずは体験レッスンへ
目次

会話が続かない人の特徴

会話の続かない人にはどのような特徴があるのでしょうか?

特徴を知ることで解決策を探していきましょう。

人見知り

会話が続かない人は人見知りな傾向があります。

人前に出ると緊張してしまったり普段の会話で苦手意識が出てしまい下を向いてしまうことがあるので表情が分かりにくく、反応も薄いためぎこちない雰囲気になってしまいます。

人見知りだからといって必ず会話が続かないということはありません。

無愛想でなければ、相手によっては会話を続けることができます。

人に対する興味や関心が薄い

そもそも人に興味がない状態です。

何を行っても「そうですね」「そうですか」で終わってしまい話にならない特徴があります。

人に興味がないので自分の言いたいことだけ行って満足してしまうので会話を続けることができません。

人の話を聞かず自分の事ばかり話す

人の話を聞かずに自分のことばかり話す傾向があります。

コミュニケーションは相手とするものなので、一人が喋り続けていても相手はつまらなく感じてしまいます。

自分のことを話すだけでなく相手のことも聞くことがポイントです。

笑顔が少なく愛想がない

笑顔が少なく無愛想な特徴があります。

表情や笑顔が暗いと相手はこの人大丈夫かな?と思われてしまい話が続かなくなっていくので笑顔や表情は大切です。

みなさんは無愛想な人はどんな印象を受けますか?

何を思っているんだろう、怒っているのかなと話しにくい印象を与えてしまいます。

感情が分かりにくい

感情表現が苦手でうまくできなくて相手に伝わらない特徴があります。

日常から自分の感情を出していないので感情の出し方がわからなくなっているのです。

感情が表面に出てこないので話している方は本当はどう思っているんだろうと考えてしまい苦痛を感じてしまいます。

すぐに結論を出そうとして横着をして、人の話の腰を折ってしまう

すぐに結論を出そうとしてしまう傾向があり、それを思うあまり人の話を遮ってしまう特徴があるのです。

上手に話さなければいけない、何を話したら良いのかわからないそんな思いから結論を急いでしまい話を遮ってしまって相手を不快にさせてしまいます。

まずは体験レッスンへ

会話が続かない原因とは?

なぜ会話が続かないのでしょうか?

どんな原因があるのか紹介します

日頃から会話をしていないので慣れていない

日頃から会話をしていないので話すことに対して慣れていないのでいざ話す時に緊張してしまいます。

話しかけられた時は話の内容まで考える余裕がなく、切り返しがうまくできず沈黙してしまうことも。

何か話をしなくちゃという思いが出てしまい中身のない会話が盛り下がってしまいます。

相手に対して配慮がない

相手に対して配慮がないことも会話が続かない原因です。

具体的には以下のようなことが多いです。

・周りを不快にさせる発言をする

・否定ばかりする

・答えにくい質問をする

・自分ばかり話すこと

上記のようなことがあてはまります。

当てはまる人は注意が必要です。

会話を広げられない

会話を広げようと思っていても広げ方を知らなかったり、何を話せば良いのかわからなくなってしまいます。

戸惑ってしまうことが多く、一言二言で会話が終わってしまうことも。

相手のことを見ることができていないので会話のポイントが見えていないのです。

気になったところを聞くことが大切になってきます。

そもそも何を話したら良いのかわからない

そもそもなんて話をしたら良いのか分からないことがあります。

自分から話に行くことはもちろん誰かと会話をしていてもうまくいかないので人を避ける行動をしてしまいます。

まずは体験レッスンへ

うまく会話を続けるために必要な鍛え方やコツを伝授します!

ここまで特徴と原因を紹介してきました。

ここからはうまく会話を途切れさせることなく続けるために必要な鍛え方やコツを教えていきます。

友人や家族と会話をする機会を増やす

友人や家族など身の回りの人と会話をすることです。

普段の日常から会話をしていくことで会話に慣れていくことが大切になってきます。

例えばおはようなどの挨拶をするようにしてみると良いでしょう。

会話の機会を増やすことで練習になるので自分から行動していくようにしましょう。

自己開示をする

会話を続けるためには自分のことを話すことを意識することも大切です。

自分のことを話すことによって相手に自分の情報が伝わるので相手も質問しやすくなるメリットがあります。

好きな食べ物の話や趣味の話などしてみると良いでしょう。

そこで共通の話題が見つかれば話が盛り上がります。

相手の答えから質問を考える

相手の答えから質問を考えるようにしましょう。

質問を新たに考える必要がなく今の話題を深掘りしていけるのでより話が盛り上がります。

僕はみかんが好きですという答えからみかんのどんなとこが好きなのですか?のように相手の答えから質問すると自然な感じに話が続きます。

質問されたら「あなたはどうですか?」と返えす

質問されたら答え+あなたはどうですか?と聞いてみると良いでしょう。

答えだけだとそこで会話が終わってしまうけれど、あなたはどうですか?と付け加えることで会話を続けることができます。

例えば、僕は卵焼きが好きです。あなたはどうですか?のようにすることで会話が途切れることなくなります。

返し方がわからない時はあなたはどうですか?と返してみると良いでしょう。

相手に合わせてた態度や表情を心がける

会話を続ける上で相手に合わせた態度や表情をすることが大切です。

相手の態度や表情に合わせてあげることによって、相手に安心感や共感を与えることができます。

相手が怒っているのに自分が笑っていたらより怒らせてしまうように相手に合わせていないとこのようになります。

ですので相手が笑っていたら自分も笑って話してみるなど相手に合わせた態度や表情をしてあげることが大切です。

事前にある程度ネタを用意する

あらかじめ話したいネタを考えておくと会話が途切れません。

思いついたことを話すことが得意な人やなかなか話が出てこない人もいるでしょう。

そんな時に事前に話のネタを考えておけば話しやすくなります。

例えばニュースや流行などの話題を収集しておくのも大切です。

好きな食べ物の話や思い出の話をしてみると良いでしょう。

身の回りのことや他人について興味を持つようにしましょう。

5W1Hを意識して質問を考える

相手が話した内容を誰が(who) 何を(what) いつ(when) どこで(where) なぜ(why) どうやって(How)に当てはめると質問しやすくなります。

例えば、「僕、最近ラーメンにはまっているんです」という会話から当てはめてみると

・いつからはまっているんですか?

・どこで食べたラーメンが美味しかったですか?

・他に何かはまっているものはありますか?

・なんでラーメンにはまったんでしょうか?

などのように多くの質問ができるようになります。

共通点を探す

人と仲良くなるには共通点を探すことがとても大切です。

皆さんは同じ趣味の人や同じことを知ってる人と会話をする時話しやすいと思いますよね。

共通点があることによって親近感ができ共通の話題で盛り上がることができます。

自分の趣味や好きなことはたくさん話せますよね。それが相手も好きだとお互いに話しやすくたくさん話せるので会話が途切れることがありません。

まずは共通点を見つけるように質問をしていきましょう。

聞き上手な人を目指す

会話が上手い人は話が面白い人など思い浮かびますが実は聞き上手な人も大切なことです。

皆さんは自分の話していることに興味深く聞いてくれる人やタイミングよく頷いてくれる人に対し「もっと話したいな」と思いますよね。

『良いですね!』「すごいですね」など言葉に出すと相手はちゃんと聞いてもらっているという安心感があるので話しやすくなります。

まずは体験レッスンへ

盛り上がる会話ネタを紹介します

人は、共通点がある方が仲良くなれます。そこで会話に困ったとき誰にでも共通して使えるネタを3つ紹介します。

趣味の話

会話に困った時は趣味の話をしてみると良いでしょう。

趣味は誰しも持っているものでなにより話しやすい内容ですのでおすすめです。

他にも、相手の意外な一面や人柄が出るのでそこから話を膨らませることもできます。

また自分の趣味も話すことでお互い盛り上がることができるので話せるようにしておきましょう。

例え自分の知らない趣味であっても好奇心を持って聞くようにすると、相手が話したくなって会話が盛り上がります。

好きな食べ物の話

共通の話題として好きな食べ物の話があります。

誰しも好きな食べ物はありますよね。

初対面の人でも聞きやすく盛り上がれる話題になるので会話のとっかかりにも使えます。

好きな食べ物はなんですか?なんでそれが好きなんですか?というふうに深掘りしていくことができます。

会話に困った時や初対面の人と会話するときに使ってみると良いでしょう。

出身地の話

みなさんそれぞれ出身地は違いますよね。出身地の話をすると盛り上がることがあります。

もし同じ出身地なら親近感が湧き会話が盛り上がります。

地域によっては風習や方言、観光スポットなどいろいろな違いがあるので聞いてみると良いでしょう。

自分の知らない場所であれば街の雰囲気やどんなところなのか聞いてみると会話が続きます。

まずは体験レッスンへ

まとめ

会話を続かない人の特徴や原因、鍛え方を紹介してきました。

相手に興味を持って話すことや、自分と周りのことに関心を持つことが大切になってきます。

日常から少しずつでも良いので変えていき楽しく会話をしましょう。

コミュニケーション講座体験開催中!

なかなか会話が続かない.、どうすればいいか分からない、そんな悩みがある人はコミュニケーション講座に通うことをおすすめします。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は少人数制で一人一人に担当の講師がつくので悩みも相談しやすくその人に合ったレッスンを受けることができます。

同じような悩みを解決した実績があるので安心して続けられます。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は、岐阜・名古屋・富山・石川で体験レッスンを受付中です。

ひとりひとりを大切に懇切丁寧な指導をモットーにしているので、会員数に定員があります。

残席数も残り僅かなので、気になる方はぜひ体験レッスンを受けてみてください。

詳しくはこちら。

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!
Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる