【ご予約受付中】11月23日(水)26日(土)27日(日)に各務原教室・名古屋千種教室で体験レッスンを開催!

職場で好かれる人の特徴とは?明日からできるコツも紹介!

社内を見渡して見ると、みんなに好かれる人と嫌われてしまう人がいますよね。

その違いはどこにあるのでしょうか。

みなさん、なんとなく違いがどこにあるのか分かると思いますが、どうすれば好かれる人になれるのでしょうか。

この記事では好かれる人と嫌われてしまう人を詳しく比較することで、職場で好かれる人の特徴を明確に解説していきます。

あなたの職場環境を改善するヒントにしていきましょう。

目次

好かれることのメリット 

職場で好かれるようになるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

周りとうまくコミュニケーションができるようになるので、毎日ストレスなく仕事ができますよね。

それだけではなく

・自分が困った時に周囲から助けてもらえる

・信頼されるので、出世や成長に繋がる仕事が回ってきやすい

・すんなり要望を聞いてもらえるので仕事が進めやすい

というメリットがあります。

職場で好かれる人の特徴を解説

では、好かれる人になるためにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは、好かれる人に見られる共通点を見て、どのような行動を取ればよいのかを見ていきましょう。

誰に対しても平等な態度

先輩と後輩、上司と部下、営業部門と管理部門…

会社内には様々な人間関係があります。

そんな状況でも、全員に平等な態度で接することができる人は好感を抱かれます。

・目上の人の失敗は追求しない

・お気に入りの部下にはみんなより優しく接する

・同じことをしているのに褒められる人と怒られる人がいる

ということをしてしまう人は多くいます。

誰に対してもハッキリ意見を言い、全員に同じ態度で接することができる人の方が珍しいのです。

平等に扱って欲しいという感情は多数の人が持っているので、それができる人が好かれるのは当然かもしれないですね。

自信があり頼りになる人

自分でリーダーシップを取るよりも、相手に引っ張っていって欲しいと多くの人は感じるものです。

率先してチームをまとめることに苦手意識を持っているためです。

そのため、仕事に対して自信を持っており、みんなをまとめることができる人は好かれていきます。

自信があると、曖昧な表現や濁すような語尾ではなく、明確な指示や言い切る話し方ができるので、周囲に安心感を与えることもできます。

謙虚な性格

職場でみんなに好かれる人は相手を見下したり、過度に自分の実績を誇ったりすることはしません。

自慢話や見下した態度が相手を不愉快にすることをよく理解しているからです。

指導する後輩が下についたり、出世をして役職がついたとしても、根本の謙虚さは変わらないので丁寧な姿勢は変わりません。

相手に対するリスペクトがあるので、どんなときも謙虚でいられるのです。

明るくて前向きな性格

いつも前向きで明るい人の周りには自然と人が集まって来ます。

仕事はいつも上手くいく訳ではないですよね。

時には失敗したり、困難な状況に陥ることも珍しくはありません。

そんなときでも、笑顔で前向きに取り組んでいる人を見ると周りも元気を貰えます。

前向きな人は発言も

「もうだめだ」「どうにもならない」というネガティブなワードは使わず

「きっと大丈夫」「何とかするよ」といったポジティブな発言で周囲を勇気づけます。

協調性がある人

多くの社会人は1人で仕事は完結せず、周りと協力して進めていかなければなりません。

相手と尊重しあって仕事をしなければ成り立たないのです。

そのため、困っている様子に早く気づいて手を貸したり、お礼を伝えることを忘れない人は職場にうまく溶け込むことができます。

例えば、お客様の訪問と別のお客様の電話が重なってしまった時に、来客対応の繋ぎを自然としてくれる人には好感をいだきますよね。

周りをよく見て、助けてくれる人は職場で重宝されます。

仕事ができる

ほとんどの会社では働いていくうえで、営業利益であったり、新規顧客の獲得であったり、何かしらの目標に向けて成果を求められるはずです。

そのため、仕事の質が高い人はみんなの負担を減らすことができるので、周囲から好かれていきます

・高い数字を出すことができる

・分かりやすい書類を作成できる

・的確な指示を出すことができる

といったいわゆる「仕事ができる人」は周りから頼りにされます。

世話好き

社会人経験がある程度ある人は、様々な上司や指導役のもとで働いた経験があると思います。

その中に、人を育てるのが好きと感じる人や親身になって相談に乗ってくれる世話好きの人がいたのではないでしょうか。

世話好きな人がする行動として

・部下に任せているようで、常に気にかけて危なくなったらフォローしてくれる

・ちょっとした様子の変化から落ち込んでいることにすぐ気づき、話を聞いてくれる

といったことがさりげなくできます。

相手に優しくすることだけが世話好きな人の特徴ではありません。

時には必要なことを厳しくしてきすることもあるでしょう。

しかし相手の成長を願い、自分の時間や労力を割いてあげられるので、その心が周りにも伝わり尊敬や親愛の念を集めています。

好かれる人がやらない行動まとめ

好かれている人の特徴は分かってきましたか?

ここからは、職場で好かれる人がやらない行動を見ていきましょう。

比較していけば、どのような人がより好かれていくかより分かってくるはずです。

自己正当化をする

仕事は意図をしなくても、精一杯やっても失敗してしまうこともあるでしょう。

そんなときでも好かれる人は、他人のせいにして責任転嫁したり、自己を正当化したりせず素直に非を認めて謝罪します。

ミスをしたのには理由があり、自分の主張も聞いて欲しいという欲求は当然あるでしょう。

しかし、周りに対して迷惑をかけた時は、初めに謝罪をするべきであることを好感を持たれる人は理解しているので自己正当化をしません。

疲れている様子やネガティブな発言

仕事で残業が続いて疲れていたり、失敗やトラブルが続き落ち込んでいても、疲れている様子を周りに見せたり、ネガティブな発言を周囲にはしません。

そのような態度が周りの雰囲気を悪くするのを理解しているからです。

軽い雑談や、簡単な報告をしたとしても、疲れた様子で面倒くさそうに返事をする人と、笑顔で応えてくれる人では周りに与える印象は違いますよね。

持って生まれた性格として明るいということもありますが、好かれるような人は周りに与える影響を考えて行動ができるのです。

人の話を聞かない

相手に自分の要求ばかり伝えたり、会話の途中で割り込んでしまうと好感度をさげる要因となります。

自分の話ばかりをして、こちらからの話を聞いてくれない人と会話をしているとストレスが溜まってしまいますよね。

それだけではなく、職場ではお互いの状況を密に伝え合わないといけない仕事では、片方が話すだけでは無駄が出てしまいます。

会話をしているとイライラが溜まり、仕事も進めにくい人は周りから良い風に思われないでしょう。

仕事を押し付ける

自分の仕事を相手に押し付けてしまうと周りからは嫌われてしまいます。

任された仕事を自分でやらない無責任な人と周りからは思われてしまうでしょう。

中には忙しさをアピールしたり、以前の恩を持ち出して巧妙に仕事を渡してくる人がいます。

しかし、周りから見れば自分だけが楽をしたい気持ちは見え見えです。

もし、相手に自分の仕事を頼まなくてはならないときは、丁寧に依頼することと、感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

陰口を言う

仕事で納得がいかないことや、理不尽なことがあるとつい誰かに愚痴を言いたくなりますよね。

そんな時でも本人のいないところで陰口を言うのは絶対にやめましょう。

陰口を言った方はスッキリするかもしれませんが、聞いている方は良い気持ちがしません。

それだけではなく、「陰で自分の悪口も言われてるのでは?」と思われて信用を失ってしまいます。

相手への陰口が周り巡って自分の評価をさげることになるのです。

清潔感がない

人当たりが良く仕事もできるのに嫌われてしまう人がいます。

それは見た目に清潔感がない人達です。

髪が跳ねたまま、シャツがよれよれ、目ヤニがついたまま…

そんな人がいると周りの雰囲気もだらけてしまい、不快感を与えてしまいますよね。

身だしなみに気を使えない人は、周囲のことを考えられない人でもあるのです。

職場で好かれる人と嫌われる人の違いとは?

ここまで、職場で好かれる人と嫌われる人の特徴を解説してきました。

比較してみるとよく分かりますが、好かれるような人は周りのことがよく見えています。

自分のことばかり考えるのではなく、周りに目を向けられることが好かれる人の特徴と言えるでしょう。

周りの人を好きでいられる

ではどうすれば、周りに目を向けることが出来るようになるのでしょうか。

周りを自然に助けることが出来る人は、周りの人達を好きな気持ちを持っています。

そのような人達は人に好かれたくてやっているわけではないので、精神的に負担になることなく続けることができるのです。

自分が幸福である必要がある

周りの人達を好きでいられるために必要なポイントはどこにあるのでしょうか。

様々なポイントがあると思いますが、一つ言えることは自分の今の現状に満足しなければいけません。

自分のことで精一杯なときはなかなか、他の人のことまで気にすることは出来ませんよね。

他の人のことまで考えられるような、精神的な余裕を持つためには、自分が幸福である必要があるのです。

今よりも少しでも余裕が持てて、幸せになれるようなちょっとしたコツを紹介していきます。

プライベートでしっかりリフレッシュする

仕事で行き詰ってしまったら精神的に追い詰められてしまい、ついつい仕事のことだけを考えてしまいがちです。

そんなときは、あえて仕事のことから頭を外してしっかりリフレッシュするようにしましょう。

頭をスッキリさせ、プライベートが充実してくれば気持ちに余裕が出てくるはずです。

仕事からいったん心を離してみることで、仕事に良い影響が現れることもあります。

お互いに得をする関係性を作る

相手のことを考えずに仕事を進めると、職場で嫌われてしまうのは分かりますよね。

しかし、自分のことを考えずに相手のことだけを考えて仕事をしていてもうまく行きません。

自分だけが損をして相手だけが得をしている関係性では心が消耗してしまい、長続きしないからです。

相手の要望と自分の想いを知り、お互いが得をするような関係性を築くようにしましょう。

そうすることで、自身の仕事や精神的な負担が減るので、心にも余裕が出てきます。

コミュニケーション能力を上げる

職場でお互いに得をするような関係性を持つためにはコミュニケーション能力が必要になります。

良い人間関係を構築するためには相手のことを知らなければなりません。

そのためには質の良いコミュニケーションを取って相手のして欲しいことや、困っていること、といった情報を引き出さなければならないのです。

また、会社は組織で動かなければいけないので、相手と自分がお互い得をするような良いアイデアが浮かんだとしても、それを上司などに通さないといけません。

自分がやりたいように仕事をすすめるには、コミュニケーション能力を鍛える必要があります。

コミュニケーション能力があれば、お互い良好な関係が築けて、仕事が思ったように進められるのでストレスが少なくなります。

コミュニケーション講座の体験レッスン開催中

職場で人間関係がうまくいかないという悩みをお持ちの方は、コミュニケーション講座に通ってみるのもおすすめです。

職場で起こる様々なトラブルは、コミュニケーションの能力を上げることで改善できます。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では、社会人の職場での悩みを解決してきた実績があります。

社会人に必須と言ってもよい 、緊張せずに人前で話す、人の話を理解できるようになるといった基礎的なところからレッスンを行っているからです。

また、ひとりひとりに専属の講師がつくので、その人に合った悩みを二人三脚で解決できます。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は、岐阜・名古屋・富山・石川で体験レッスンを受付中です。

ひとりひとりを大切に懇切丁寧な指導をモットーにしているので、会員数に定員があります。

残席数も残り僅かなので、気になる方はぜひ体験レッスンを受けてみてください。

詳しくはこちら。

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次