人の事が気になる人必見‼人の目を気にしない方法を解説

どうすれば人目を気にしないようになれるのでしょうか。

そのポイントは、どのようなときも楽でいることです。

みなさんは楽でいる時は周りの目を気にしているでしょうか。

逆に楽でないというときはどうでしょうか?

楽でいられない時は緊張してしまい、その人とコミュニケーションがうまくとれず、逃げたくなる気持ちになりますよね。

そうならないための方法を紹介するので、一緒に乗り越えていきましょう。

まずは体験レッスンへ
目次

人の目を気にしてしまう心理や原因

人目を気にする人の心理やその原因はどこからくるのでしょうか。

人から嫌われることを恐れたり、マイナス思考など様々なことがあげられます。

これから紹介する原因や心理を知ることで、自分の性格や考え方を客観的に見ることができます。

周囲の事が気になってしまう心のメカニズムから原因を探っていきましょう。

他人からの評価に敏感

人目が気になってしまうということは、他の人からどのように見られているか、評価されているかを気にしているという傾向があるといえます。

ちょっとしたことで相手に嫌われてしまうんじゃないか、自分はダメな人間だと思われる、と不安になることが多いです。

例えば他の人が物を落としてそれを拾った時、

「あいつ、私のものを盗んだな!」

と思われてしまうのではないかと考えてしまいます。

しかし、本人が思っているよりも他人は気にしていません。

落し物を拾ってもらったとき「盗んだのではないか」と思う人はごく一部です。

大抵の人は素直に「ありがとう」としか思いません。

嫌われることを恐れている

人の目が気になる人は、他人から嫌われる事を極端に恐れています。

その根底にはいい人だと思われたいという気持ちがあります。

「どうしたら相手から良く見えるか」

「こんな依頼をしたら相手に嫌われてしまうのではないか。」

と考えすぎてしまうのです。

その結果、相手の事ばかりを気にしてしまい、一番大切な

「自分が何をしたのか」がわからなくなり、迷走してしまう傾向にあります。

強い劣等感を持っている

強い劣等感から、常に他人のことが気になってしょうがありません。

例えば、自分が失敗して他の人が成功したら

「あの人ばかりずるい」

「なんであいつだけうまくいくんだ」

と、嫉妬の感情が強く出てしまいます。

うまくいっている人とうまくいかない自分を比較してしまい、自信をなくしてしまいます。

自分自身が成長し、乗り越えていかないかぎり、他人の目をずっと気にする生活が続いてしまうでしょう。

常に見られている気がする

自身が過度に他人のことを気にしてしまうため、他人も自身を気にしているに違いないと考え、常に見られている感覚を覚える場合もあります。

実際には他人の細かい仕草まで観察する人はまれです。

しかし、この傾向がある人たちは自意識過剰の場合や、過去の失敗のトラウマが原因としてあります。

これが進むと職場や学校だけではなく、SNSでも自分の投稿に対する評価が気になってしまいます。

いいねやコメントの数が少ないと、疎外されているような感覚になってしまうのです。

過剰に不安を感じながら生活することになるので、職場や学校やネット上でもなど常にストレスを抱えてしまいます。

マイナス思考

人の目が気になる原因として、ネガティブな思考を持っていることも挙げられます。

「自分の発言で、悪い印象を与えたらどうしようか」

「自分がこのイベントに参加したら嫌われそうだな」

と物事をマイナスに考えてしまいます。

このような人達は、相手の何気ない言葉や軽口や冗談でも考え込んでしまいます。

相手に悪意がなくても、本人は悪口だと捉えてしまうので自己肯定感は他の人より低くなります。

人目を気にする人は素直な性格の人も多いので

「失敗したのは君の確認の仕方が悪かったんだ」

「君に任せると言ったけど、本当は俺が手を貸するもりだったんだよ」

などと責任転嫁されても、自分が悪いんだと思いこんでしまい、マイナス思考から抜け出せません。

このマイナス思考が、人の目を気にする傾向を加速させるのです。

自己肯定感が低い

自己肯定感の低さも、他人の目が気になる要因となります。

自己肯定とは、ありのままの自分を認めてあげる事をいいます。

自己肯定感が低いと、自分に自信がなくなり物事の判断基準が他人になってしまいます。

そのため、何かを決定するのは常に人の目をうかがっていなければなりません。

何をするにも「これをやっていいの?」と判断を親に委ねる子供を見かけたことはないでしょうか。

その子供の心理として、親を恐れて顔色をうかがっているのでそのような行動を取ります。

大人も同様で周囲を恐れ何かに判断を委ねなければ、判断できないので周りの様子を気にするようになるのです。

プライドが高い

プレゼン

プライドが高い人は、周囲から褒められたい、評価されたいという気持ちが強いです。

それだけではなく、一回良い評価をされたら、その評価を落としたくないという気持ちも強く持っています。

そのため、人から認められたいという気持ちと評価を失うことの恐怖から人の目が気になって仕方がなくなります。

今やっていることがうまく行っても次も「期待に答えなきゃ」と強く意識するので、心が休まるときがありません。

過去のトラウマ

過去にいじめを受けていた、酷い悪口を言われて深く傷ついてしまったなど、つらい経験があると、人から嫌われることを過剰に気にするようになります。

実際には優秀でも嫉妬心から

「きみは使えないやつだ、才能がないよ」

と言われると自分でもそうではないか思い始め、他人の発言に影響されることもあります。

過去のトラウマから、自身の評価より他人の評価が気になってしまうためです。

まずは体験レッスンへ

人の目を気にしない方法

ここまで、人の目を気にしてしまう人の心理状態を解説してきました。

人の目を過剰に気にしすぎてしまうと、日々の暮らしの中で幸福を感じにくくなってしまいます。

幸せを感じない日々を送る人生は考えただけでも嫌になりますよね。

ほとんどの人が精神的に疲弊しまうでしょう。

そうならないためにもどうすればよいのでしょうか。

ポイントは楽でいることです。

どうすれば楽にいられるのか、解決方法を一緒に見ていきましょう。

自己肯定感を高める

人の目が気になる人は自己肯定感が低い傾向があるため、自分を好きになることや自分の強みを把握し、普段の生活・仕事で活かすことが大切です。

強みを活かしてうまくいけばそれが自信に繋がるようになり、必要以上に人の目が気にならなくなります。

もう一つは失敗しても自分を責めないこともポイントです。

みなさんそれぞれ失敗を経験したことがあると思います。

そこで「自分はダメだ」「才能がない」などと思ってしまうと、どんどん否定的になってしまいます。

そうならないためにも反省点を次に生かせるよう気持ちを切り替えることが大切です。

自分の意思を尊重する

人の目を気にしてしまうあまり、自分より他人の意思を尊重しまってはいけません。

他人の意思を尊重することは確かに大切です。

しかし、他人を尊重しすぎると、自分のことを相手に伝えることができず、自分の本当にやりたいことが明確じゃなくなってしまいます。

難しいかもしれませんが、自分の意思を尊重して行動しましょう。

人生の主人公は自分自身です。

自分のやりたいことに対して素直になってみましょう。

自分の考えがハッキリしない人は、ノートやメモ帳などに気持ちをまとめるといいでしょう。

今の自分や将来の夢を文字にすることで、自分が何をしたいか、何を大切にすべきかを明確にすることができます。

もう少し楽観的に考える

人の目が気になる人は、ネガティブに考え過ぎてしまいます。

真面目で何事も深く考えるのはその人のいい面でもありますが、神経質に考えてしまうと気疲れをしてしまいます。

生真面目な性格の方はもう少し楽観的に考えてみると精神的に楽になっていくでしょう。

ずっと悩んでいたことも後になって振り返ってみたら大したことはなかったという経験もありますよね。

想像力を悪い方向に働かせすぎるのはやめましょう。

全員から好かれようとしない

人の目が気になる人は、人から嫌われたくないという思いが強すぎるために、全員から気に入られようとしてしまいます。

しかし、その努力はすればするほど自分を苦しめることになるでしょう。

何故なら、どんなに素敵な人でも、全員から好かれている人はいないからです。

例えば、芸人の明石家さんまさんは、日本全国民に好かれているとおもいますか?

多くの人は好いていても、一部の人は嫌っている人もいます。

みんなに好かれる芸能人でも、嫌う人がいるのですから、あなたのことを嫌う人がいてもそれはごく自然なことです。

「ごく一部の人だけでも自分を理解してくれたらそれでいい」

と考えれば気持ちは楽になります。

あなたを理解してくれている人は必ずいます。

そういう人たちを見つけ、大切にしていきましょう。

まずは体験レッスンへ

本音を伝える

人の目が気になる人は、相手に嫌われたくないがために、本音を伝えることができません。

自分の気持ちを常に抑え込んでいると、自分の本音がわからなくなってしまいます。

さらに相手に従ってばかりいると、都合のいい存在として機械などの道具のように扱われてしまう可能性があるため注意が必要です。

例えば、相手に言われたことを自分の意思とは関係なく、何でもかんでも「はい」と答えてしまうと相手からは「あいつに頼めば何でもやってもらえる」と思われます。

中には過去に本音を伝えて失敗した経験があり、伝えられないという人もいると思います。

しかし、人間は成長する生き物です。

過去のあなたとは違うので次回は上手に本心を伝える術を学習しているはずです。

勇気を出して本心を伝えて肝心な時こそ「ノー」と言えるようにしましょう。

本音で語り合える人を見つける

人の目を気にしすぎて疲れ果ててしまったり、ストレスが溜まってしまった人は、本音で語り合える人を見つけましょう。

親や兄弟、昔からの友人や会社の仲間、相手は誰でも構いません。

「自分を認めてくれている人がいる」というだけで自分の抱え込んだものは軽くなります。

逆に本音で語り合える人がいないとストレスが溜まってしまい、最悪の場合自殺にまで追い込まれてしまう可能性があります。

人の目が気になることは正直に相談し、客観的な意見をもらうことで、気にしすぎていることに気付けるかもしれません。

SNSから離れてみる

SNSは便利で楽しいものですが、中には自分にとって不要な情報や自分を傷つけてしまう情報もあります。

誰かの投稿に対して一喜一憂し、振り回されることもあるでしょう。

SNSに固執しすぎると余計に人の目が気になるようになり、ネガティブな気分になります。

SNSに囚われている人は、一旦ネットの世界から離れることで、気持ちをリセットすることができます。

いきなり退会することに抵抗があるひとは、SNSを見る時間を減らすことを心がけましょう。

まずは体験レッスンへ

人の目を気にしないようにするには正しい練習が必要

みなさんは恥ずかしがりやな人が、自分を変えるために練習もせずに、いきなり大勢の人の前で発表したらどうなると思いますか?

大抵の人がうまくできず、トラウマになってしまいさらに発表ができない人になってしまいます。

我流で苦手を克服しようとするとかえって症状が悪化する可能性もあります。

正しい知識を得て練習して学んでいくことが大切です。

この記事を読んで人の目を気にしないようになれそうと感じた方は、コミュニケーション講座に通ってみることをお勧めします。

コミュニケーション講座体験レッスン受付中

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では正しい知識を学ぶことができます。

人目を気にしてしまう原因である

・自己肯定感を高めるにはどうすればいいか

・人の目を気にせずに本音を伝えるにはどうすればいいか

などの悩みを解決するためには、人と対面して楽でいることが大切とこの記事でも紹介しましたよね。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では、どんな時でも楽でいるといったコミュニケーションの基礎の部分から学習できます。

正しいコミュニケーションの知識を1から丁寧に学習できるので、人目を気にしてしまう根深い問題を解決するにはピッタリなのです。

コミュニケーション講座の体験レッスンを受付しています。

ぜひ参加してください。

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!
Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる