新入社員必見!コミュニケーションで職場の悩みを解決しよう

新入社員の方いかがお過ごしでしょうか。社会人として企業で働くことは、学校やアルバイトとは求められるものが違ってくるので、戸惑っている方も多くいるのではないでしょうか。

新入社員の方や若手社員の中には、「上司とどう付き合って行けば良いのか分からない」、「仕事をどう進めていくべきか悩んでしまう」といったような不安を抱えながら仕事を続けている人が多くいます。

そういった職場での悩みは、実はコミュニケーションが上手く取れていないことに起因していることが多くあります。

この記事では新入社員が悩みを抱えてしまう原因を解説し、克服方法のポイントを紹介していきます。

新入社員の方はもちろん、新入社員を育成や研修する立場の人も参考にしていただき、若手社員が上手く溶け込める企業風土にできるようにするヒントにしてください。

まずは体験レッスンへ
目次

悩みを抱えながら仕事をするとどうなってしまうのか?

コミュニケーションが上手く取れず、悩みを抱えながら仕事を続けてしまうとどんな影響が出てきてしまうのでしょうか。

これから、代表的なデメリットを2点解説していきます。同じような状況に陥っているという方は、後に解決方法を記載しているので、脱却するためのヒントにしてください。

仕事の効率が下がる

1つ事例を出してみましょう。想像してみてください。

新入社員のあなたが担当しているクライアントからクレームがはいりました。すぐに上司に報告するべきか、それともある程度問題の解決方法を決めてから上司に相談しようか迷うところですよね。

そんな中、上司とコミュニケーションを取るのが苦手で、忙しそうにしているため相談できず、当面は他の仕事を進めていかなければならないとしたらどうでしょうか。

クレーム対応のことが気になってしまい、他の仕事に集中するのが難しいですよね。

このようにコミュニケーションがうまく取れず、伝えたいことを上手く伝えられないまま仕事をすると効率が悪くなってしまいます。

ワークライフバランスが声高に叫ばれる現在、仕事の進みの遅さを時間でカバーすることは難しくなっています。コミュニケーションが上手く取れず悩みを抱えてしまっている状態では、ビジネスマンとして企業からは悪い評価を受けてしまうでしょう。

ストレスから体調が悪くなる

正社員の人が会社で過ごす時間は長いです。

残業がないとしても、1日8時間、週5日で週40時間は企業で働くことになります。

そのような長く過ごさなくてはいけない職場で、コミュニケーションが上手く取れず、悩みを抱えている状態では毎日が辛いですよね。

人間の身体は心によって影響されていくものです。毎日悩んでいる状況では精神だけではなく身体にも悪影響が出てしまう危険があります。職場でのコミュニケーションが上手くいかない結果、退職という結果に終わってしまうことも珍しくはありません。

事実、厚生労働省の調査によると、新入社員の3年以内の離職率は3割にも達しています。職場の雰囲気が合わず退職というのは珍しいことではないのです。

新入社員が悩みを抱えてしまう原因3選

毎日悩みながら仕事をする、そんな生活は辛くて苦しいですよね。

何が原因で悩みを抱えてしまうのでしょうか。

解決方法を明確にしていくため、まずはその原因を解説しています。「何故か分からないけど上司に嫌わてる気がする」「仕事で迷っていることがあるが相談できない」このような悩みはもっていないでしょうか。

あなたの社会人生活を振り返りながら読んでみてください。

ビジネスマナーが分かっていない

新入社員が不安を抱えてしまう理由として、社会人経験が乏しく、ビジネスマナーが分からないということがあります。

企業によっては、敬語や名刺交換の方法といったビジネスマナーを新入社員研修をしっかり行ってから現場へ配属するところもあるでしょう。

しかし、研修が不十分な場合や実践でそういった場数を踏めていない若手社員は、そういったビジネスマナーが求められるシーンで常に不安に駆られながら仕事をしなければなりません。

また、ビジネスマナーができているかで、相手からの印象は変わってきます。

ビジネスマナーができていないと、相手によっては不快に思われてしまい、反応が悪くなっていってしまうでしょう。

新入社員の視点では原因が分からないまま相手から嫌われているように感じてしまうのでストレスを抱えてしまいます。

上司に上手く報連相ができない

上司や先輩といった目上の人に相談や報告ができないというのは、新入社員に限らず社会人全般に見られる悩みとなっています。

いわゆる報連相(報告、連絡、相談)が新入社員には重要という話は皆さんも何度か聞いたことがありますよね。

しかし、いざ実行しようとするとなかなかできない人が多いのが現状です。なぜなら、現場に配属された後には、多くのタスクを抱え、結果を出さなければならないベテラン社員に教えて貰わなくてはならないからです。

そんな、忙しそうな上司にささいな相談や連絡をするのは気が引けてしまうと考えてしまい、問題を自分の中で抱えてしまうというのが若手社員が悩みを抱えてしまう原因の1つとなっています。

社内の雰囲気に慣れない

多くの企業は、目標売上や生産目標に向けて必死に結果を追い求めていかなければなりません。そんなビジネスの世界では、厳しい言葉が飛びかったり、お互いの主張が交差し、ピリピリした空気になるのは自然なことといえます。

そんな背景があるため、新入社員のあなたも邪魔だと言わんばかりの扱いを受けたり、適当に扱われたりした経験があるのではないでしょうか。

こういった雰囲気に萎縮してしまい、職場に嫌なイメージを持ってしまうことで毎日ストレスが溜まってしまう若手社員は多くいます。

ある程度社会人経験を積んだ人や、職場の人間関係に慣れている人ならそういった状況になってもさほど動揺することなく、安定して仕事を続けることができますが、新入社員の方には悩みのタネとなってしまいます。

まずは体験レッスンへ

悩みを解決する4つのポイント

ここまで新入社員の方が悩みを抱えてしまうデメリットと、原因について解説していきました。いくつか当てはまる項目があったのではないでしょうか。

新入社員を教育する立場の方、もし職場でこのようなことで悩んでいる若手社員がいたら、話しを聞いてあげる、研修を開く等のフォローしてあげてください。

お待たせしました。ここからは悩みを解決する方法について記載していきます。解説するポイントを日々意識することで、社会人生活を好転させましょう。

ビジネスマナーを身につける

前述した通りビジネスマナーができているかいないかで、あなたの印象は変わっていきます。

新入社員の方は研修でビジネスマナーを学ぶ機会が多くありますよね。

研修をただ受けるのではなく、ビジネスマナーが仕事を円滑に進めるためには重要ということを意識して、仕事ですぐに使えるように集中して学んでいきましょう。

研修の予定がしばらくないという方も安心してください。ビジネスマナーは日々の仕事の中で意識することでも学習できます。

電話対応で例を出すと、受け答えをしていて自らの言葉づかいに違和感を感じた時に、インターネットで正しい敬語を検索し、次回使うようにするだけでも徐々にビジネスマナーは身に付いていくものです。

また、ビジネスマナーがしっかりできている先輩の姿を見て学ぶのも良いでしょう。

ビジネスマナーが身についてくれば、あなたに対する態度も好意的になっていくはずです。

相談できるタイミングを知る

あなたが相談する相手は新入社員の教育以外にも多くのタスクを抱えていることでしょう。

そのため、上司や先輩の様子を見て、できるだけ落ち着いているタイミングで話しかけるようにしましょう。

例えば、終業の30分前は明日のスケジュールチェックや日報の作成をルーチンにしている人に、帰り間際に相談しにいったとしても、いい反応はされないですよね。

長く同じ会社で働いている人であれば、1日や1週間の仕事のリズムを持っているはずです。

普段のルーチンを意識して観察していけば、相談するのに適したタイミングが見えてくるはずです。

相手の時間を意識して話しかけるようにしていけば同じ内容の相談をしたとしても、返ってくる反応は違ったものになるでしょう。

相手の反応を過剰に気にしない

上司や先輩の態度を過剰に気にするのは避けましょう。

上司があなたの報告にイライラした態度を取ったとしても、あなたの言動が直接の原因ではない場合も多々あります。

例えば、プライベートの事で機嫌が悪かったり、めぐり合わせが悪く別のトラブルに頭を抱えている時にたまたま話しかけてしまっただけかもしれません。

相手の悪い反応がすべて自分のせいだと感じてしまうのは、職場に慣れておらず、まだまだ仕事に自信がない新入社員に多く見られる傾向です。

もちろん、相手から怒られてしまったら自らの行動を省みるべきでしょう。

しかし、自分の言動で相手をイライラさせてしまったかもしれないと感じる程度であれば、気持ちを切り替えて萎縮せずに普段通りのテンションで仕事を進めていくほうが良い結果を出すことができます。

相手の意図を読み取る

相手の意図を読み取り、相手のことを考えた受け答えができると相手との関係は上手く行くようになります。

悪い事例と良い事例を挙げてみましょう。

上司「明日期限の会議資料まだ貰ってないけど、大丈夫か」

×「まだできていません。明日期限ですよね。明日中には提出できると思います。」

〇「別件で急ぎの要件が入ったためまだできていません。ですが、資料はすべて揃えていてあとは文書をまとめるだけなので遅くても明日の昼には提出できます。」

このような確認を上司からされた場合、仕事の進捗状況を心配している上司の気持ちを読み取りましょう。

提出が遅れているが、仕事を気にかけていたことや、仕事の進み具合、期限に間に合わすことができる根拠等を一緒に述べると上司に安心感を与えることができます。

逆にただ間に合うと思うと伝えるだけでは、上司は不安に駆られてしまい、期限内に間に合わせたとしても、悪い心証を与えてしまう危険性があります。

良いコミュニケーションとるために本当に大切なこと

新入社員の方が職場の悩みを解決するポイントを記載していきましたが、いかがでしたでしょうか。

職場の悩みを解決するためには上司や同僚と良いコミュニケーションを取ることが大切になります。

では、職場における良いコミュニケーションを取るために大切なことはなんでしょうか。

紹介してきたポイントを思い返して見てください。どのポイントも実行しようとすると、相手の事を考えて行動をしていかなくてはならないですよね。

会社で仕事をする上で、本当に大切なことは相手を思いやる心を持ってコミュニケーションをすることです。

職場において個人プレーで多くが解決するという仕事内容の人は少ないですよね。

大半の職場は組織として一丸となって、厳しい目標に向かって進んでいかなければいけません。

そんな中で、管理職の人も若手社員もすべての人が相手を思いやる心がなければどこかで綻びが出てきてしまいます。

ぜひ、思いやりの心とそれを伝えるコミュニケーション能力を身につけて社会人生活を送っていってください。

コミュニケーション講座開催中

職場で良いコミュニケーションを取るために行動しようと思っているが、いざ実践しようとすると、うまくいくか不安という方はコミュニケーション講座に通ってみるのも良いかもしれません。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座には、入社歴の浅い若手社員の方も多数通われています。

威圧的な上司への苦手意識を克服するといった基本的な課題から、相手の本心を引き出すといった応用的な技術まで、社会人に必要なコミュニケーション能力を向上させるレッスンを行っています。

また、アトリエシャンティのコミュニケーション講座の特徴として、一人一人に専属の講師がつきます。

新入社員の皆さんの悩みも人それぞれ違っていますよね。

アトリエシャンティでは、画一的に同じレッスンを行うのではなく、それぞれの悩みに合ったレッスンや課題も出して行くので、悩みを的確に解決していくことができるのです。

岐阜・名古屋・富山・石川で体験レッスンを開催中です。

会員さん一人ひとりを大切にするために、会員数を限定させていただいています。

気になる方はお早めにお申し込みください!

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!
Please share!

コメント

コメントする

目次
閉じる