職場の人間関係で孤立しやすい人の15の特徴と6つの改善法

新入社員や若手社員の職場での悩み事の多くは人間関係です。

特に新入社員や若手社員は慣れていない環境に身を投じることに不安を抱えている人も多いです。

新入社員はスタートダッシュが大切です。

スタートダッシュに遅れてしまうとそれだけで職場で孤立してしまったり居づらく感じてしまいます。

これは男女問わずです。

孤立してしまう人の原因はほぼ例外なく人間関係で悩みを抱えています。

逆に言うと人間関係の問題を解決すれば孤立を恐れる必要もありません。

実際に今孤立していると感じている方や不安を感じている方は是非この記事の対処法を実施して脱却を狙いましょう。

まずは体験レッスンへ
目次

職場の人間関係で孤立する原因

社員が孤立してしまうのはそもそも職場そのものに問題がある事があります。

職場での人間関係の素になるのはコミュニケーションです。

コミュニケーションが取りづらい職場では孤立しがちな人が増えています。

例えば凄く厳格な部長が私語を一切禁止するような職場とオンオフが切り替えを大事にしているフランクな職場では孤立する社員の数は全く違うでしょう。

職場で孤立しない為には社員個人の問題だけでなく会社として問題を捉えるのが良いでしょう。

ただし、フランクな職場であったとしても孤立してしまう人はいます。

いくら職場が孤立しずらい環境であったとしてもやはり孤立してしまう人には孤立してしまう原因もあるのです。

いくつか例を紹介したいと思います。

孤立しやすい人には特徴があります。

新人であったり男女でもそれぞれ特徴が異なります。

ここではパターンを分けて紹介しますね。

孤立してしまう新人にありがちな特徴

会社の規模にもよりますが新人が何名か入社すると孤立してしまう人がいます。

皆さんの同期や職場の仲間でも若いうちから孤立してしまった人はいませんか?

新人の内の孤立は些細な切っ掛けで脱却する事が出来ますが、一番孤立を問題視していないのも新人の特徴です。

では新人のどのような行動が問題なのでしょうか?

挨拶や返事が無い

新人の仕事の基礎は挨拶だという人もいるぐらい挨拶は大事なことです。

これはどの職場でも浸透しています。

孤立してしまう人の特徴として他人との価値観の違いが大きいほど孤立しやすいです。

職場において挨拶は最も基本的なことになるので非常に重視して見られます。

特に新人はより注目を受けます。

そんな時に新人本人は自覚がなくても挨拶を軽視している人は「変な奴」と思われたり人と少し違うなと言われたりして孤立しやすいです。

他人の意見を聞かない、自分の意見を曲げない

他人の意見を聞かない人も孤立をしやすいです。

皆何かしら理由があって自分の意見を述べています。

孤立しやすい人はそれを理解せずに自分の意見を推し進めます。

ここで大切なのは相手の意見を理解してあげる事です。

馴染もうとする気持ちがない

そもそも馴染もうとする気がなければ孤立してしまいます。

職場というものは新人を除いて既に出来上がっているグループに属する事になります。

新人同士であれば皆条件は同じですが、新人以外の社員は既に出来上がっているグループの中に入っていくので馴染めないと感じてしまうと入りたくなくなってしまう気持ちが湧きます。

常識がない

社会人として常識がない、ビジネスマナーがなっていない人も職場で孤立しがちです。

常識は人間社会を構成する上で当たり前になっていることで、それを守らない人は悪目立ちします。

また、マナーは社会人としてお互いに気持ちよく過ごすための心遣いなのです。マナーがなっていない人は心遣いが無いと思われてしまいます。

常識やマナーが無くても許されている人がたまにいますが、それは仕事で大きな成果を出しているからです。

仕事で成果を出していない人間が常識やマナーを守らないと、目をつけられ孤立するのです。

素直に謝れない

新人は素直さが大切です。

悪いと責められた時に相手の気持ちに立てるかどうかが重要です。

自分が悪いと感じた時は勿論、悪いと感じれなかった時も何故自分が怒られているか相手の立場に立って考えてみて下さい。

いかに今起こっていることに向き合って謝ることも孤立しない為には必要なことです。

女性にありがち

ここからは、女性に多い孤立する特徴を紹介していきます。

女性の人間関係は、小さな出来事が原因で亀裂が入ってしまうことがあります。

女性の多い職場や、女性がやってしまいがちな特徴をいくつか紹介します。

嫉妬される

よく女性の多い職場で、仕事が出来て目立っている女性が孤立しているところをみたことはないですか?

自分より出来の良い人を見ると、どうしても嫉妬してしまいがちです。

嫉妬され孤立する人は、他人のことを気にかけていない場合があります。

他の人の仕事を手伝うなど、相手のことを気にかけて、うまく人間関係を構築していくといいでしょう。

態度を変える

ありがちなのが、女性と男性で態度を変えてしまうことです。

男性や上司には媚びた態度を取るのに、女性や同僚には冷たい態度をとるなど。

あるいは、声のトーンも高い声から低い声に変わっているかもしれません。

自分では気づかずにやってしまっている場合もあります。

相手によって態度を変えていると、表裏のある人ととらえられ信用されなくなってしまいます。

誰が相手でも態度を変えないことが大切です。

愛想をふりまく

態度を変えるとかぶってくる部分がありますが、男性に対して愛想を振りまいていると、女性にはよく思われません。

例えば、自分の仕事を男性に甘えて代わりにやってもらったり、いいとこ取りをしていたり、そういう場面を見ると頭にくることでしょう。

自分のことは自分で解決したり、たまには女性を頼ってみてください。

空気を読めない

周りの空気を読めない人も孤立しがちです。

例えば、チームとして一丸となって目標に向かっているときに、「私はやりたくない」など和を乱す発言をしてしまうと、反感を買ってしまいます。

他には、真面目な話をしているときに他事をしたり、真面目に聞いていなかったりなど。

空気を読めない人には、仲良くなりたいと思うひとは少ないでしょう。

仕事に不真面目

例えば、職場にこんな人はいませんか?

常にやる気がなく、言われたことしかしない人。

言われたことすらもやらない人。

ついにはサボってしまう人。

そんな人がいる職場では不公平感がただよってしまい、士気を下げてしまいます。

不真面目な態度が続くと、どんどん孤立していきます。

男性にありがち

ここからは、男性にありがちな孤立する特徴を紹介していきます。

職場での活躍が期待されることの多い男性ですが、職場で孤立してしまうと業務に支障をきたし成果を上げることができません。

どんな特徴があるのでしょうか?

プライドが高い

中途入社など、すでに過去の経験や実績がある人に多いです。

例えば、

「もっとこうすると効率が良いよ」

とアドバイスをもらったときに、

「いや、自分のやり方が一番いい!」

と言ってしまったり、

「うちではこのようにやってね」

と指摘を受けたときに、
「自分はこうやってきたんだ!」

と言ってしまったり、

素直に受け取れない人が多いです。

このような受け答えを続けてしまうと、次第に声をかけてもらえなくなります。

もし、自分のやり方を通すなら、一度相手の提案を「分かりました」と受け取り、その後に自分の考えややり方を伝え、相手とすり合わせしましょう。

そうすると、相手の合意のもと自分のやり方で進められるかもしれませんよ。

無口・無表情

あなたの職場には、無口・無表情な人はいませんか?

無口・無表情な人は、何を考えているのか分からず、分からないものを人は避けようと無意識に動きます。

例えば無口な人の場合。

「これをこの日までやっておいて」

「…」

どうですか?

自分の話を理解してくれたかわからないですよね。

期日までに依頼したことを確実にこなしてくれるか不明です。

そういう人には頼み事はしたくありません。

また、

「ちょっとこれ買ってきて」

「はい…(無表情)」

どうですか?

動いてはくれているけど、快く受け取ってくれたのか、不満がありつつ動いているのか分からないです。

不満がある人には頼みごとはしたく無くなります。

このような、無口・無表情な対応をしていると、徐々に他人からの関わりが無くなっていきます。

気持ちのいい返事や表情をこころがけましょう。

清潔感がない

これは身だしなみに興味がない男性によくありがちですよね。

当然ですが、人間は汚いものには近づきたくありません。

例えば、体臭が臭ったり、服がよれよれだったり、髪がボサボサだったり。

おしゃれをしないといけないというわけではありません。

最低限の身だしなみは必要ということです。

シャワーをあびる、新しい服を着る、髪を切る、そういったことをすればよいのです。

仕事が遅い・ミスが多い

仕事が遅かったり、ミスが多かったりする人も孤立する傾向にあります。

初めは仕事が遅かったり、ミスをしたりするのは当然です。

しかし、何度指導を受けても改善されなかったり、同じミスを繰り返していると、徐々にあきれられて、仕事を振られなくなっていきます。

もし、どんなに頑張っても仕事ができない、同じミスをする場合は、その仕事自体が向いていないかもしれないので、違う職種に挑戦してみてもいいでしょう。

真面目すぎる

真面目すぎる人も、その真面目さが悪い方向へ出てしまうと孤立の原因となります。

例えば、ルールや決まりを細かく守る人など。

今回は明らかにそのルールに当てはめない方が上手くいくのに、頑としてルールを守ろうとするなど、真面目すぎると臨機応変に対応することが出来ません。

仕事では時に臨機応変で柔軟な対応が求められます。

頑固で考えを変えられない人は、孤立する傾向にあります。

まずは体験レッスンへ

職場で孤立するメリット・デメリット

ここまでは、職場の人間関係で孤立する原因や、特徴を紹介してきました。

次は、見方を変えて孤立することへのメリットや、デメリットについて紹介していきます。

メリット

職場で孤立することも、見方を変えればメリットにもなりえます。

見方を変えてポジティブに捉えるという手もあります。

プライベートに集中できる

職場で孤立する人は、仕事終わりや休日に誘われることがなく、自分の思うように過ごすことができます。

そこで、趣味の時間にしたり、自分のスキルアップのための勉強をしたり、有意義に過ごすことが出来ます。

プライベートを充実させればメリットになるでしょう。

自分ひとりの仕事に集中できる

職場で自分ひとりでする仕事では、人に話しかけられることがないので、集中して取り組むことができます。

仕事に集中し、成果を上げられれば周りの見る目は変わるでしょう。

仕事が充実したらメリットと言えるでしょう。

デメリット

職場で孤立するデメリットはやはり存在します。

みなさん職場で孤立するデメリットで悩んでいるのです。

いくつか紹介します。

職場で寂しい思いをする

一日の大半を過ごす職場で孤立してしまうと、仕事の日は寂しい毎日を過ごすことになります。

仕事を1日8時間とすると、毎週40時間、毎月160時間、毎年1920時間も孤独に過ごすことになります。

これだけの時間を孤独に過ごすのか、良い人間関係の中で過ごすのか、得られる充実感や人と関わることで得られる学びの量はずいぶん違うと思います。

協力する仕事に支障が出る

仕事は全て自分だけでこなすことは出来ません。

場合によっては複数人で協力する必要が出てきます。

そうなった場合に、人間関係が出来ていないと業務の効率が落ちることになります。

出世を望めない

大きな仕事というのは、人と協力しなければ成し遂げられません。

人と協力する仕事に支障が出るということは、大きな仕事を任せてもらえないということです。

仕事で大きな成果を出せなければ、出世は望めないでしょう。

職場で孤立する人には大きな仕事を任せたくないと思うのが上司の気持ちではないでしょうか。

まずは体験レッスンへ

職場の人間関係を気にしない方法

ここからは、職場の人間関係を気にしない方法を紹介します。

職場で楽に過ごせるようになれば、人間関係は気にならなくなるはずです。

完璧な人間・完璧な組織は無いと割り切る

世の中、完璧な人間や完璧な組織というのは存在しません。

まずそこを割り切ることが出来れば、心は穏やかになります。

まずは冷静に考え、今の自分の出来ることに着目して行動していきましょう。

職場以外に良い人間関係を作る

職場で人間関係を作れなければ、職場以外で人間関係を作るのも手です。

例えば、習い事やサークル活動、趣味の集まりなどに参加することで、人間関係を作れます。

会社以外で人間関係を作れれば、人との付き合いで得られる充実感や経験・学びを得ることが出来ます。

何より、プライベートでの楽しみが増えます。

仕事に集中する

職場の人間関係のことは忘れて、淡々と仕事をこなしていきましょう。

仕事を頑張っている姿が目に止まれば、周りの人の見方が変わってくるはずです。

周りから頼られるようになり、孤立から抜け出せるかもしれません。

まずは体験レッスンへ

職場での孤立を改善する方法

ここからは、いざ実際に職場での孤立を改善するための方法を紹介していきます。

みなさんも、今の職場での孤立を改善したいと思っている方が多いはずです。

そのための方法を紹介していきますね。

孤立の原因を客観的に考える

まずは孤立の原因を客観的に考えましょう。

原因が分かってから、初めて対処することができるのです。

先に説明した、職場で孤立しやすい人の特徴に当てはまっていないか、自分を見つめ直してみてください。

心当たりを見つけてから、以下の改善法を読んでください。

笑顔を意識する

人と話すときは笑顔を意識するようにしましょう。

先で無口・無表情の人は孤立しやすいと説明しましたが、笑顔でいることで無表情の印象を与えることはなくなり、いい印象を与えることが出来ます。

しかし、自分の感情をダマしてまで笑顔でいる必要はないですよ。

例えば、怒っているのに笑顔でいると、相手に怒りは伝わらないですし、感情と表情の差に自分が疲れてしまいます。

笑顔をベースに、自分の感情を正直に表情に出していきましょう。

色々な表情が見れる方が人間らしく魅力的に見られますよ。

清潔感を保つ

人は第一印象でその人を判断すると言われています。

そして、その評価がくつがえるにはしばらく時間がかかります。

まずは第一印象からいい印象を与えておくと、ちゃんとした人という印象を与えられます。

TPOに合った服装や髪型などに気を配りましょう。

謙虚な姿勢・感謝の心をもつ

謙虚な姿勢や、感謝の心をもつようにしましょう。

職場で孤立しがちな人は、ワガママで人に感謝しない傾向にあります。

人とコミュニケーションをとることが苦手でも、常に謙虚な姿勢でいて、感謝の言葉を口にしていたら、あなたの良い人となりが伝わって関わってくれるようになりますよ。

ビジネスマナーを身につける

社会人としてうまく人間社会を生きていくには、ビジネスマナーは必須です。

少なくともビジネスマナーがなっていれば、変なやつとは思われなくなります。

何より、ビジネスマナーを理解していれば、シチュエーションごとにどう振る舞っていいか分かってくるので、自信にもつながってくるはずです。

コミュニケーションを改善する

そして、何より職場での人間関係の孤立を改善するには、コミュニケーションを改善することが一番です。

孤立はコミュニケーションの問題で起こっていると言っても過言ではありません。

例えば、挨拶をする、お礼を言う、といった基本的な挨拶もコミュニケーションですよね。

コミュニケーションは自分と相手の双方向で行われます。

コミュニケーションで相手に良い影響を与えることで、その良い影響は自分にも帰ってきますよ。

コミュニケーションを改善すれば人間関係は改善します。

コミュニケーション能力があれば、どんな組織でもうまく人間関係をつくれます。

良い人間関係を作れるということは、いい人生を過ごせるということです。

コミュニケーション能力を身に付ける事ができれは一生の宝になりますよ。

まずは体験レッスンへ

コミュニケーション講座やってます

先で職場の人間関係の孤立を改善するためには、コミュニケーションを改善することが一番だと解説しました。

でも、いきなり職場で実践するのは不安になりますよね。

職場で試す前に、コミュニケーションの改善のため練習をしたいという方におすすめするのがコミュニケーション講座です。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では、職場など日常で活かせるコミュニケーションの基礎を、実戦形式で練習していきます。

また、会員さん一人一人に専門のパーソナルコーチが付くので問題点が明確になります。

実際に、職場での人間関係が良くなり、仕事で成功した方がたくさんいます。

体験レッスン受付中

アトリエシャンティのコミュニケーション講座では体験レッスンを随時受付中です。

体験レッスンだけで自分のコミュニケーションの課題が見えてきますよ。

岐阜・名古屋・富山・石川で開催中です。

詳しくはこちら。

まずは体験レッスンへ
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスンが約10,000円お得になるキャンペーン中!
生徒一人ひとりを大切にするために、各教室の定員を25人までに限定させていただいています。
定員に達した教室では体験レッスンの募集を打ち切らせていただいています。
気になる方はお早めにお申し込みください!
Please share!

コメント

コメントする

目次
閉じる