コミュニケーションが苦手な人の特徴とは?克服するコツも紹介

仕事や恋愛、友人関係等対人関係のどんな場面でも重要になってくるのがコミュニケーション能力です。皆さんも相手に話しを上手く伝えらなかった結果、誤解を生んでしまい失敗をしてしまった経験もあるのではないでしょうか。

実はコミュニケーションに対して多くの人が苦手意識を持ち悩んでいます。この記事ではコミュニケーションが苦手な人の特徴を挙げ、苦手意識を持ってしまう原因や、やっていない行動を解説していきます

最後にコミュニケーションを改善するポイントも紹介します。苦手意識を克服して良いコミュニケーションを取れるようにしていきましょう!

目次

コミュニケーションが苦手な人の特徴6選

コミュニケーションが苦手な人にはどんな特徴があるのでしょうか。ここでは、代表的な6つの特徴を挙げていきます。

自分が知らず知らずの内にとってしまっている行動はないか確認していき、コミュニケーションに苦手意識を持ってしまっている原因を明らかにしていきましょう。

自分からは人に話しかけない

話しかけるタイミングが掴めない、どんな話題を出したらいいのか分からないという理由から自分から人に話しかけるのができないことがコミュニケーションに苦手意識を持っている人達には多いです。

自分から話しかけることは人とコミュニケーションを取る上での第一歩です。相手と良い関係を築くためには、相手のことを知ることが必須となります。

受け身のままでは情報量の少なさから相手のことを理解するのが難しくなり、信頼関係を築くことができなくなります

緊張し過ぎてしまう

コミュニケーションに苦手意識を持っている人は、つまらない人だと思われたくない、話を盛り上げなければいけないという思いから会話をする時に過度に緊張をしてしまう傾向があります。

緊張をした状態で会話をすると、自分の話す内容が整理をすることができないため、説明したい内容が伝わりにくくなります。

また、相手の話も上手く理解できないので言葉のキャッチボールが上手くできません。表情や仕草にも強張っている様子が表れるので、近づきにくい印象を与えてしまい相手から距離を置かれてしまうこともあります

相手の反応を気にし過ぎてしまう

コミュニケーションに対して自信がなく、変なことを言っていないか、嫌われたりしないか、などの考えから相手の反応を気にしすぎてしまいます。

相手の反応を過剰気にし過ぎてしまうと、当たり障りのない会話しかできず上面だけの浅い会話で終わってしまいます。

反面、反応を気にせずに話している人は、自分の本音をきちんと相手に伝えることができます。相手の反応を気にし過ぎず、自分の話したいことを話せられるようになれば、会話の質も違ったものになるでしょう。

相手の目を見て会話することが苦手

コミュニケーションに対する苦手意識から相手と目が合った時、つい目を逸らしてしまいながら話をしてしまったことはないでしょうか。

目を見て話すことはコミュニケーションの基本です。目をそらして話すと自信なさげに見えてしまうだけではなく、不誠実な態度に見えてしまいます。そういった人とコミュニケーションをしていても態度が気になってしまい、聞き手は話が上手く入ってきません。

目を見て話す人は、自信のあるように見え、話も説得力があるように映ります。相手に上手く伝えるためにも、目を見て話すことから始めましょう。

自分の話ばかりする

自分の話を聞いてもらいたいがため、一歩的に話し続けてしまってはいけません。話している方にとっては言いたいことを聞いてもらえて満足かもしれませんが、聞いている方は面白くありません。

話すことと聞くことのバランスを良くすることで、お互い満足のいくコミュニケーションを取ることができます。一方が話をするばかりになっていないか注意しながら、バランスを意識して会話をしていきましょう。

相手の話を中断させてしまう

 相手が話をしている途中に割り込んで話を中断させてしまうことも会話を盛り下げてしまう原因の一つです。

人は自分の話を聞いてもらいたいという性質があるため、相手の話を中断させてしまうと不愉快な気持ちにさせてしまいます。会話をしていても楽しくないと思われてしまい、会話が続かなくなってしまいます。

もし、相手の話に納得できない所や反論をしたいことがあったとしても、会話の途中で中断させずに、最後まで聞いてから反対意見をしましょう。相手の反応も違ったものになるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人の特徴まとめ

コミュニケーションが苦手な人に当てはまる6つの特徴を紹介してきました。共通して言えることとして、自分に意識が向いてしまうあまり、無意識のうちに相手に対し思いやりのない態度を取ってしまっています

そのため、仕事やプライベート、様々な場面で自分の思うようなコミュニケーションが取れずに損をしてしまっている可能性が高いです。場合によっては、周りに対して不快に感じさせてしまうこともあるでしょう。

良いコミュニケーションが取ることができれば、周りにも良い影響を与えることができ、充実した家庭や職場で過ごすことができるはずです。人生をより良いものにしていくためにもコミュニケーションを磨いていきましょう。

コミュニケーションを上達させるため3つのポイントとは?

ここまでコミュニケーションが苦手な人の特徴を解説していきましたが、コミュニケーションを上達させるにはどうすればいいのでしょうか。

コミュニケーションを上達させるためのポイントは大きく分けて3つあります。コミュニケーションに対する苦手意識を克服するためのきっかけにしてください。

苦手意識を克服する考え方

苦手意識がある人は過去の失敗体験から、会話最中でも相手の事ではなく自分の事を考えてしまう傾向があります。自分から話しかけられない人によくある「こんな事を話したら相手は嫌な思いをしてしまうのではないか」といった考えも実は相手のことではなく自分が嫌われてしまうことを心配する意識があるので浮かんでしまっているのです

相手に意識を向ける方法2つを解説していきます。

相手に好奇心を持つ

 あなたは会話をしている時、相手に好奇心を持っていますか?それとも無関心でしょうか?

好奇心を持って接すると、どんな趣味があるのだろうか、こんな価値観を持っていたのかと相手に興味が湧いてくるので、自然と質問が浮かんできます

そういった好奇心から来る質問は、会話が広がりやすいので話題が途切れずに話すことができます。

また、自分に興味を持って聞いてくれているという態度が相手に伝わり、親近感を持ってもらえます。相手は心を開いてくれるようになるので、踏み込んだ会話も出来るようになります。

自分の内面に意識を向けない

会話の最中、こんな事を聞いたら失礼な人だと思われないか、といったような考えが浮かんできてしまうことはないでしょうか。

こいいった自分に意識が向かっている内向的な状態では、興味や関心が自分の内部に向かっているため、相手の表情が明るくなった、いつもよりテンションが低いといった相手の様子の変化にも気づくことが難しくなります

意識を自分の内面から相手の言葉や仕草に注意を向けると、相手の状態や興味のある話題が分かるので的確な質問ができ、会話が盛り上がりやすくなります。

相手のことを思いやった聞き方が重要

あなたの周りで不思議と話しやすい人はいないでしょうか。初めて会う人なのに、あまり話す気分じゃなかったはずなのに何故だか会話が弾んでしまった、そんな経験はないでしょうか。

そういう人達は聞くコミュニケーションのテクニックを使いこなしている可能性が高いです。相手が話やすいように、リクションや共感をして相手の話を引き出すことをしているのです。

相手が話しやすくなり、楽しくコミュニケーションが出来るためのポイントを3つ解説していきます。

非言語コミュニケーションを使いこなす

非言語コミュニケーションとは表情や視線、声の大きさ、話す速度など言語以外のコミュニケーションの事を言います。会話では、実際に話す言葉だけではなく、非言語コミュニケーションにもとても大きな役割があります。

無表情で何も反応がない人と笑顔で相槌をうちながら聞いてくれる人を想像してみてください。話しやすさは全然違いますよね。

アイコンタクトをしっかりする、相手の話す速度に合わせてあげる、共感出来るときは頷くといった非言語コミュニケーションを使いこなすことで相手は話しやすくなり会話も上手く行きやすくなります

相手の話に共感や肯定をする

コミュニケーションが苦手な人がよくやってしまうミスとして、「いや…」「でも…」と否定ばかりをして話の腰を折ってしまうということがあります。否定ばかりしてくる人と話していると話す気が無くなってきますよね。

人間は誰しも自分の話を聞いて欲しいという欲求があります。相手の話に共感や肯定をすることで、しっかり話を聞いてくれる人だという印象を相手に与えることが出来ます。相手は話しを聞いて欲しくなり、様々な話題を引き出すこともできるのです。

相手の表情やトーンに注目して聞く

ブログ

コミュニケーションを取る上で相手の表情や声のトーンに注目するのはとても重要な事です。将来の夢や趣味や好きな食べ物について話している人がいたら声やトーンに注目して聞いてみてください。きっと明るい表情や高いトーンで話しているはずです。

会話の中で、相手の表情が良くなって来た時やトーンが上がった時どんな話題をしていたのかに着目すれば、次にあなたが話すべき話題は見えてくるはずです。

伝わりやすい話し方をしましょう

勇気を出して話しかけたのに、的はずれな返答をされて、気まずい感じで会話が終わってしまったことはないでしょうか。コミュニケーションは会話のキャッチボールでもあるので、伝えたいことが相手につたわらないと会話が途切れてしまいます。

相手に話しが伝わりやすくなる話し方のポイントを解説していきます。

加えて会話を盛り上げ相手と仲良くなるための必須事項と言ってもよい共通点を探すという点も解説していきます。

共通の話題を見つける

初めて話した相手でも共通の話題があると楽しく話が出来ますよね。知らない話題を一方的に話しても会話は盛り上がりはしませんし、相手とも仲良くなることもできません。

共通の話題を見つけるためには、自分のことを相手に知ってもらう必要があります。趣味や休日の過ごし方など自分から話すことが重要になります。こちらから質問する場合でも、共通点が見つかるまでは色々な話題を投げかけてみるのも良いでしょう。

共通の話題が見つかると、相手との心の距離もグッと縮まり会話も盛り上がります。

話したい内容を整理してから喋る

話したい内容が整理されていないまま話を初めてしまうと、話が逸れていったり、話がだらだらと長くなったりして、話を上手く伝えることが出来ません。

相手に伝わりやすい話し方にするためには、結論から話したり、話を短くする事を意識してみましょう

5W1H…Who(誰が)When(いつ)Where(どこで)What(何を)Why(なぜ)How(どのように)を使った話し方をするとより整理された内容の話ができます。

イントネーションをつけた話し方をする

同じような声の調子や高さのイントネーションが無い話し方を続けてしまうと、聞いている方は退屈に感じてしまい、印象も悪くなってしまいます。

話すスピードや声の強弱にメリハリをつけた話し方、内容に合わせてジェスチャーをつけると話にアクセントができ、相手の耳に残りやすくなります

強調したい言葉を際立たせることもでき、意図した内容を相手に伝えられます。

克服するには実践と継続が重要

ここまで、コミュニケーションの苦手克服方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。コミュニケーションにおいて気をつけるポイント、やってはいけない行動が理解できたでしょうか。

ただし、知識として理解するだけでは改善はできません、克服するには実践をすることが重要です。職場や友人、家族との会話で本記事のポイントを適用していければ、コミュニケーション能力は改善されていきます。

コミュニケーションが上達すれば信頼関係を築きやすくなり、仕事や人間関係に良い影響をもたらすことができます。日々の会話で苦手意識を克服して、いい人生を歩みましょう!

コミュニケーション講座の体験レッスン実施中!

皆さんの中には既にコミュニケーション上達の方法を学び、実践しようとした方もいるのではないでしょうか。その結果、上手く行かなかった経験をした方もいると思います。

そんな方はコミュニケーション講座で練習するのもおすすめの一つの手です。

職場や学校等でいきなり実践となると、学んだ知識を活かすのが高いハードルに感じてしまう人もいると思います。

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は少人数制の授業スタイルを採用しており、実戦形式での練習を行うので、ステップを踏んで日常での実践に臨む事ができます

さらに、アトリエシャンティのコミュニケーション講座では、専属講師が一人一人に付きます。的確なアドバイスやフィードバックを貰えるのはもちろんのこと、コミュニケーション能力が上達するよう親身になって相談に乗ってくれるので、モチベーションを維持しつづけることが出来るのです

岐阜・名古屋・富山・石川で体験レッスンを開催中です。

会員さん一人ひとりを大切にするために、会員数を限定させていただいています。

体験レッスンも毎月5名様限定なので、気になる方はお早めにお申し込みください!

体験レッスン随時受付中!
アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜・名古屋・石川・富山の話し方教室(コミュニケーション講座)です。
少人数制・実技8割のレッスンで変化を早く実感できます。
満足度90%以上のコミュニケーション講座で人見知りや人間関係の悩みを解決しませんか?
体験レッスン実質無料キャンペーン中!
会員さん一人ひとりを大切にするために、会員数を限定させていただいています。
体験レッスンも毎月5名様限定なので、気になる方はお早めにお申し込みください!
Please share!

コメント

コメントする

目次
閉じる