9月30日(土)と10月1日(日)に岐阜各務原教室と名古屋千種教室にて体験レッスンを開催!ご予約受付中!

相手の目を見て話せない人の特徴や原因、解決策を紹介します

みなさんの周りには人の目を気にしていたり、目を見て話せない人いませんか?

なぜ相手の目を見ることができないのでしょうか。

特徴や心理を知って改善していきましょう。

目次

相手の目を見て話せない原因とは?

相手の目を見れないのにはどんな原因があるのでしょうか。

この原因を取り除かない限り目をみて話すことができません。

いくつか紹介するので当てはまるかどうか確認してみましょう。

小さい頃のトラウマ

目を合わせれない人の原因の中に小さい頃のトラウマから人が怖くなり目を合わせれないことがあります。

小さい頃のトラウマは大人になっても問題になることも。

昔の出来事を思い出して無意識のうちに相手の目を見ることができなくなってしまいます。

相手に対して後ろめたいことがある

相手に対して何かやってしまったり悪いことをしてしまうと相手の目を見れなくなります。

バレてしまうのではないかと考えてしまい目を見て話すことができません。

例えば人のものを壊してしまったり、万引きなどやってはいけないことをしてしまうとどうでしょう。

やってしまったことを隠してしまうと相手に向き合えなくなってしまうのです。

「いつバレるだろう」「何か言われないかな」「怒られるかも」

など相手に対して向き合えず目を見れなくなってしまいます。

人見知り

人見知りであることも原因の一つです。

相手が苦手であることや人に対して恐怖心や恥ずかしさから人の目を見て話すことができません。

昔にあったことが原因で人見知りになってしまうこともあれば自分で気付かぬうちになってしまうこともあります。

他にも、人の目線が気になったり相手が何を考えているか分からないので人の目を見ることができないのです。

苦手な人や怖いという感情

人の目を見て話せないのは相手に対して苦手意識があること、何を考えているか分からないという恐怖心からくるのです。

「この人何考えているんだろう」「怒られるかも」「嫌われるかもしれない」などの感情から人の目をみれなくなります。

感情が表情や目線にも現れてくるので相手にも伝わるのです。

相手の目を見て話せない人の心理

相手の目を見て話せない人はどんな考えを持っているんでしょうか。

何を感じ何を考えているのかいくつか紹介します。

周りの目が気になる

周りの人の目線がとても気になります。

人の目を見て話せない人は特に目線に敏感で絶対に目を合わせて話さないのです。

落ち着きがないこともあり悪い時には人を避けてしまうこともあります。

他にも、周りから自分がどう見られてるのかを気にしていることから人の目を見れなくなっていることも。

自信がない

人と話すときに話を続けることやうまく話すことに自信がないことから目線に出てしまうことがあります。

「会話が続かなかったらどうしよう」

変なこと言ったらどうしよう

「何を話したらいいのか分からない」

など自信のなさから態度に出てしまうのです。

相手と距離を置こうとする

人の目をみて話さない人は相手と距離を置こうとすることがあります。

面倒であったり、不安から逃れようとするために人と距離を置くようになるのです。

自分や相手と向き合うのを恐れるあまり人を避けるようになってしまいます。

コンプレックスがある

コンプレックスは人によってさまざまです。

「自分に自信がない」「滑舌が悪い」「うまく話せない」

など人によって違います。

人の目をみて話せない人にはいろんな理由があるのです。

隠し事をしている

人の目を見て話さない人には何か隠し事をしていることもあります。

隠し事をしているとバレるんじゃないかと不安を抱えることになるので周りと向き合うことができなくなるのです。

特定の人だけ目を見て話さない人はこれに当てはまることがあります。

目を見て話せない人はどんな特徴があるのか

人の目を見て話せない人はどのような特徴があるのでしょうか。

いくつか紹介するので身の回りにいないか考えて見ましょう。

緊張している

話をするときに緊張している人が多いです。

緊張していると目線や態度に出やすくなります。

例えば「何を話したらいいか分からない」と考える人は自分に意識が向いているので相手の目を見る余裕がないのです。

目を見れてない人は緊張してるんだなと相手に伝わってしまいます。

無意識でやっている

中には昔から人の目を見て話すことができない人もいます。

そんな人は、目を見ないのが習慣になっていて無意識でやっているのです。

自分では相手の目を見て話しているつもりでも相手から見たら見れてないということもあります。

習慣になっているので変えようと思ってもなかなか変えられません。

おどおどしている

人の目を見て話せない人は相手からはおどおどしていると受け取られることもあります。

特に目線が泳いでいるので「自信ないのかな」「この人大丈夫」など思われることも。

態度に出ることが多いので相手からの印象も悪くなります。

おどおどしている人がどのような影響を与えるか考える必要がありますね。

劣等感が強い

人の目を見て話せない人は誰かと比べてしまい劣等感を抱いてしまうことがあります。

「なんで自分はできないんだろう」

「できないのは自分が悪い」

など比較し自己否定していることもあることから人の目を見れなくなっていることもあります。

このようなことから自信が持てず相手と比べて自分はだめだと思い込んでしまい態度がでてしまうのです。

あまり人と関わらない

人の目を見て話さない人はあまり人と関わらない特徴があります。

なぜなら、自分の会話に自信がなかったり人と比べてしまったりと考えてしまい不安になってしまうことから人と関わるのを避ける傾向があります。

相手に悪い印象を与えてしまう

人の目を見て話せない人は相手に悪い印象を与えてしまいます。

「ちゃんと聞いているのか」

「この人大丈夫なの」

など心配することもあれば怒り出す人もいるので注意が必要です。

相手の目を見て話せるようになるにはどうすればいいのか?

相手の目を見て話すようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

いくつか紹介するので実践してみましょう。

話す内容をあらかじめ考えておく

話す内容を紙に書き出すようにしてあらかじめ考えておくと良いでしょう。

考えておくことで咄嗟の返しや臨機応変に対応ができます。

自分の頭の中を整理することもできるので落ち着いて話すことができるのです。

事前準備が大切で話題の引き出しや返し方を考えることで相手の目をみて話すことができるようになります。

意識してリラックスしてみよう

人はリラックスしているときが一番落ち着いて相手の目をみて話すことができます。

普段できていない人は意識してリラックスしてみましょう。

例えば「深呼吸してみる」

「本を読んでみる」

「瞑想する」

など自分がリラックスできる状況を作りましょう。

そうすることで相手の目を見て話すことができるようになります。

体を相手の方へ向ける

人の目を見て話せない人はまず体を相手の方へ向けましょう。

体を相手の方へ向けることで相手の目を見やすくなります。

他にも相手にもしっかり聞いてくれてるんだという印象を与えることができるので

まずは体を相手の方へ向けることを意識しましょう。

何があっても相手はすぐ忘れると思い込む

人の目を見れない人は、自分が変なことを言わないかや会話が続かなかったらどうしようなど考えてしまうことから見れなくなってしまうので相手はすぐ忘れると思い込みましょう。

そうすることで、自分自身の不安や負担を軽くしましょう。

そもそも相手はあまり深く考えていません。

失敗や嫌われることを恐れず行動しましょう。

目を見るのではなく眉間に目を向ける

相手の目をみるのではなく眉間に目を向けるようにしましょう。

眉間を見るだけで相手はしっかり目を見て話を聞いていると印象を与えることができます。

なかなか目を見て話すことができない人は相手の眉間を見るようにしましょう。

段階的にやっていくと人の目を見て話せるようになります。

まずは相手の眉間を見るようにしましょう。

怖くても目をみる習慣をつける

人の目を見て話せない人は不安や恐怖感から態度に出てしまうので、例え怖くても相手の目を見る習慣をつけることが大切です。

最初はうまくいかないかもしれません。

ですが、諦めず怖くても相手の目をみて話すことを習慣化することができれば目を見て話すことが当たり前にできるようになります。

習慣化するにはモチベーションや継続力が必要です。

常に意識して行動していきましょう。

自分自身を見つめ直してみよう

自分自身を振り返ることも大切です。

「どんな時に相手の目を見れていないのか」

「目を見れない人は誰か」

「今日1日どうだったか」

など自分を分析してみましょう。

傾向が見えてくるので対処法も考えやすいしどうすればいいのかわかります。

相手の目を見て話せるようになって会話を楽しもう

人の目を見て話すことはとても重要なことです。

相手を不安にさせてしまったり逆に楽しくさせることもできるのできます。

人の目を見て話せるようになれば周りとの関係にも変化が出てくるので変わりたい人はここまで紹介したことを意識し実践していきましょう。

コミュニケーション講座無料体験レッスン開催中

「相手の目を見て話せない」「なかなか一歩を踏み出せない」「話せるようになりたい」

そんな悩みを抱えている人はコミュニケーション講座に通うことをおすすめします。

アトリエシャンティではコミュニケーションを実践形式で学べるので上達が早くなります。

他にも一人一人に専属の講師がつくので自分の悩みにあったことを学ぶことができます。

相手の目を見て話せるようになって会話を楽しもう

アトリエシャンティのコミュニケーション講座は、岐阜・名古屋・富山で体験レッスンを受付中です。

詳しくはこちら

まずは体験レッスンへ

以上、本日の無料公開ブログでした。
お読み頂き誠にありがとうございます!

詳しい情報やノウハウ、技術的な指導や解説は、各教室にて開催されているレッスンにて専門講師陣たちが懇切丁寧にご指導いたします。

当スクールはマンツーマンレッスン中心の少人数制です。
よって、募集定員も各教室20名までとさせて頂いております。

先着順となりますので、ご興味のある方はお早めに体験レッスンにお申し込みください。

~体験レッスンキャンペーン価格~

20,000円(税別)

9,000円(税別)

アトリエシャンティ
話し方教室・コミュニケーション講座
アトリエシャンティは岐阜各務原・名古屋・富山の話し方教室・コミュニケーション講座です。
ただ今、通常より10,000円お得にレッスンを受けられる「体験レッスンお得キャンペーン」を開催中!
アトリエシャンティでは生徒一人ひとりを大切に懇切丁寧な指導を心がけています。
カリキュラム内にマンツーマンレッスンを取り入れているため、各教室の定員を20名とさせていただいております。
ただいま各教室ともに満席に近くなっております。
体験レッスンを受講された方から生徒枠を確保していますので、気になる方はお早めに体験レッスンを受けてみてください!
教室の雰囲気やレッスン内容など、ぜひ自分の目で体験してみよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次