受付はコチラ:058-337-5852

講師紹介|話し方講座・傾聴セミナー|各務原・名古屋・一宮|出張可能 

話し方講座・傾聴セミナー
各務原・名古屋・一宮|出張可能 


 
 
〈講師対談〉
代表:古田起教
講師:高橋理沙
 
 
 
 
 
なぜコミュニケーション講座ができたのですか?
 

古田:長い間ヨガや絵画教室、コーチングをやってきて、多くの方から寄せられる悩みとして 「人間関係」「仕事での悩み」がとても多かったんです。それで、その根本を辿っていくと、コミュニケーションの問題からきていることがわかってきたんですよね。だから、話し方講座やそういった場を通してコミュニケーションを学んで自分自身の能力を高めていけば、結果的には多くの問題を解決できる、という結論に至り、「コミュニケーション講座」を開設する運びとなりました。
 
 
 

高橋:シャンティのメニューの中には、今抱えている悩みを解決するためのメニューとしてカウンセリングやタロットなどもあり、もちろんそこで悩みを相談して解決していくのは大切な事なんですけど、そこで その時だけ、表面的な悩みを解決するだけでは根本的な問題の改善には繋がらないんですよね。本当に、自分の力で「未来をいい方向に変えていく」って思った時に、コミュニケーションを改善していくことが一番大切だと思ったんです。
 
 
最近の傾向として、話し方講座などの コミュニケーションを学べる場は今の社会に必要とされていると感じます。本屋さんを覗いても話し方やコミュニケーションについて書かれている本がたくさんありますし、話し方講座を開設している企業や、外部講師を招いて会社で話し方講座を開く会社も増えています。
そういった面も踏まえて、開設に至りました。
 
 
 

古田:開設してからさらに生徒も増え、岐阜や名古屋を中心に様々な地域からいろんな方が通われていて、やっぱり需要は大きいんだと実感していますね。特に名古屋なんかは大きな都市で大きな企業がたくさんあるので、その分話し方やコミュニケーションを学べる場所を欲している方が多いのかなと…。名古屋に住んでいる方や、勤務先が名古屋の方が非常に多いですね。
 
高橋:そうですね。名古屋もそうですし、金沢や富山にも教室ができてからは、さらにたくさんの方に通っていただいてますね。年齢層も職種も幅広いですし、コミュ二ケーションがいかに重要かわかりますね。
 
 
 
コミュニケーション講座の魅力は?
 

古田:講師が熱血である、確かなデータ、経験による裏付け、そういったものですね。そしてやっぱりアットホームなのがいいですね。生徒同士が非常に密なつながりがある。それも、 アットホームさが特徴である「アトリエシャンティ」という教室の強みじゃないかなと。
 
高橋:そうですね。みなさんの話を聞いていると、やっぱりこのアトリエシャンティという空間を好きでいてくれているし、「セミナーや話し方講座というと堅苦しいイメージがあったけど、そういったイメージがなく 親しみやすくて通いやすい」などの声をよく頂きますね。
 
 

古田:うちの授業では、外を使ったりショッピングセンターも近いからそのようなところも利用したりして、とにかく色んなところが教室になるんですよね。教室の枠がない。もちろん教室内でやるときもあるし、今話したように外でやったりとか、あとは石徹白の野外スクールで行うレッスンもあるし、時にはバーベキューしながらとか、火を囲んでのレッスンもある。コミュニケーションって、そりゃあ会議室で行うときもあるだろうけど、それって特定の時じゃないですか。でも、日常のあらゆるシーンでコミュニケーションは必要になってくるわけだから、会議室だけで話し方講座をやるのは現実性が低い。そうやって 色んなところで色んなシチュエーションでのコミュニケーション、話し方を学んだほうが、日常でもすぐに適用していけるんですよね。
 
 

高橋:ここでは、 「生きるコミュニケーション」を学べるところが魅力ですよね。あとはやっぱり、野外研修センターでキャンプができたり、会員さん同士での交流会があったり、そういった横のつながりを大事にしているところも魅力の1つですね。
 
 
古田:確かに、会員さん同士でのつながりはすごいですよね。さっきも出てきましたけど、本当に密な関わりがあるんですよね。交流会やキャンプを通して友達ができたり、もしかしたら将来のパートナーみたいな形に発展するケースもあるだろうし。話し方講座でコミュニケーションを一緒に学ぶ、その共通の学びが距離を縮めてくれるし、コミュニケーションをお互いに学んでいるからこそ関係がより深まっていきますよね。だから、普通のスクール以上に 生徒同士のつながりは深い気がしますね。
 
 

高橋:出張レッスンを頻繁に行っているので、そこも良いところかなと思います。話し方講座って、探そうと思ってもあんまり近くになかったり、仕事が忙しいとなかなか通うのが難しかったりするんですよね。でもさっきも言ったように、最近では話し方講座などコミュニケーションを学べる場所の需要は増えてきているので、出張レッスンで 企業の方向けの話し方講座を開催したり、就職支援のための話し方講座を開催したり、そういうところに対応していけるのも魅力だと思います。
 
 
古田:そうですね。IT企業への出張レッスンや短期大学への出張レッスンなどたくさんやってきましたもんね。コミュ二ケーションにとどまらず、シャンティはどのメニューに関しても出張レッスンを行ったりしていますし、本当に多様性に富んだレッスンが多いなと感じますよね。
 
 
 
コミュニケーション講座はどのような方におすすめですか?
 
 
高橋:悩んでいる方ももちろんですけど、 深いつながりとか、そういったものを求める方にもおすすめですね。シャンティのコミュニケーション講座は、先に進んでいくにつれてより相手のことを理解できるようになる、そんな内容になっています。だから、これまで 親しかった相手ともっと深い関係を築けたり、初めて会う人とでもすぐに仲良くなれたり、そんな繋がりができるので、人ともっと関わりたい方にはすごくおすすめですね。
 
 

古田: 全ての方におすすめですね。子供でもコミュニケーションが必要な場面は存在するから子どもにもおすすめだし、あとは子どもを育てる親御さんにも必要ですよね。夫婦間でのコミュニケーションも子育てをする上ではとても重要だし、もちろん子供との関わりも、講座を学んでいく事でこれまでよりも良いものになっていきますね。親子に限らず、学校の教育者であれば生徒たちに対してとか、会社で部下を持つ立場であれば部下に対してとか、逆に上司に対してとか 様々なシーンでコミュニケーションって絶対に必要なんですよね。色々あげましたが、コミュニケーションを学ばなくていいとか、知らなくてもいい人はいないんじゃないでしょうか。 どんな立場の人であってもコミュニケーションは必要なので、本当にすべての方にオススメしたいですね。
 
 
 
 
コミュニケーションを学んだら、どんな風になっていきますか?
 

高橋:まずは、自信がついてきますね。自分のコミュニケーションに自信がついていくので、心からイキイキしてくる。すごく楽しそうに見えますね。
 
古田:顔が変わってきますよね。あとは雰囲気も変わってきますし、考え方も変わっていきますね。そして学ぶことで可能性が広がるから、新しいビジョンを持つ方もいますよね。新しい夢とか目標を持ったり、今まで諦めてたことを実現していったり。今までは無理だと思っていたことに対して、今は手が届くんだという意識に変わっていくから、どんどん行動の範囲も広がっていくんですよね。 人生がいい方にシフトしていく、そんな方が多いと感じます。
 
 
 
 
お互いの魅力、強みは何でしょうか。
 

古田:体育会系だし、先生としてすごく情熱的。そして機動力、行動力があって、そこが生徒のみなさんにもいい影響を与えているんじゃないかなと思う。アクティブな感じですよね。やっぱりどうしてもコミュニケーションが苦手だと、行動もちょっと奥手になってしまったりするんですけど、人生をよくしていくうえで必要な行動力やアクティブさを背中で見せていく先生じゃないかなと。出張レッスンに行ったときもとても好印象だし、 情熱的だけど親しみやすさや優しさも兼ね備えているような。それがいいところですね。
 
 
 

高橋: 関わる相手が自然と心を開けて、相手の可能性を開いていけるような力強い方ですね。OKさん自身がいろんなことを体験してきているから、自分の言動にも自信を持たれているし、だからこそ相手のことも心から信じて関わっていけるんだなと思いますね。そのような関わりをされると相手も安心できるし、素直な気持ちで色んなことに取り組んでいけるんじゃないかなと思います。
 
 
 
 
二人にとって、アトリエシャンティで働く醍醐味は何でしょうか。
 
高橋:みなさんが変化していくのを間近で見られるのが嬉しいです。 シャンティは夢を叶える組織なので、シャンティに通うことでみなさんが夢を叶えていくのを、そばで見守っていけるところがすごくやりがいを感じるなと思います。それが楽しみでもあり、自分自身も生徒さんがそうやって変化して、 夢に向かっていけるような関わりをしようと頑張れるので、それがとても魅力的だなぁと思います。
 

古田:同じ日がないのが楽しいですね。みんながエキスパートで、人を元気づけたり、夢を叶える人の集まりだから、すごく創造的だし、活動的だし、変化が早いんですよ。発想したことがすぐできる、みたいな。組織も、やってる活動も、 1ヶ月でガラリと変わっちゃうくらい変化に富んだ場所なんですよね。そして新しいことにどんどんチャレンジしていくスタイルだから、飽きないのが魅力かなと思いますね。
非常にみんなが1つの意見に対して賛同してくれるし、頭の固い人がいないので、とても楽しいなと思います。そんな人たちと一緒に活動できるのは嬉しいし、すごくみんなで造っている感じがして良いですね。本当に「アトリエ」って感じなんですよね。 大人のアトリエ。ここに集まるのは、 子供のような心をもった大人たちばかりで、そういうところが魅力だと思います。
 
 
 

 

〈講師対談〉

代表:古田起教
講師:高橋理沙
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

なぜコミュニケーション講座ができたのですか?

 

古田: 長い間ヨガや絵画教室、コーチングをやってきて
多くの方から寄せられる悩みとして「人間関係」「仕事での悩み」
がとても多かったんです。
 
それで、その根本を辿っていくと、コミュニケーションの問題からきていることがわかってきたんですよ
だから、話し方講座やそういった場を通してコミュニケーションを学んで
自分自身の能力を高めていけば、結果的には多くの問題を解決できる
という結論に至り、「コミュニケーション講座」を開設する運びとなりました。
 
 
 

高橋: シャンティのメニューの中には、
今抱えている悩みを解決するためのメニューとして
カウンセリングやタロットなどもあり
もちろんそこで悩みを相談して解決していくのは大切な事なんですけど、
そこでその時だけ、 表面的な悩みを解決するだけでは根本的な問題の改善には繋がらないんですよね。
 
本当に、自分の力で「未来をいい方向に変えていく」
って思った時に、コミュニケーションを改善していくことが一番大切だと思ったんです。
 
 
 
最近の傾向として、話し方講座などのコミュニケーションを学べる場は今の社会に必要とされていると感じます。
本屋さんを覗いても話し方やコミュニケーションについて書かれている本がたくさんありますし、話し方講座を開設している企業や、外部講師を招いて会社で話し方講座を開く会社も増えています。
 
そういった面も踏まえて、開設に至りました。
 
 
 

古田:開設してからさらに生徒も増え、岐阜や名古屋を中心に様々な地域からいろんな方が通われていて、やっぱり需要は大きいんだと実感していますね。特に名古屋なんかは大きな都市で大きな企業がたくさんあるので、その分話し方やコミュニケーションを学べる場所を欲している方が多いのかなと…。名古屋に住んでいる方や、勤務先が名古屋の方が非常に多いですね。
 
高橋:そうですね。名古屋もそうですし、金沢や富山にも教室ができてからは、さらにたくさんの方に通っていただいてますね。年齢層も職種も幅広いですし、コミュ二ケーションがいかに重要かわかりますね。
 
 
 

コミュニケーション講座の魅力は?

 
 
 


古田: 講師が熱血である、確かなデータ、経験による裏付け、そういったものですね。そしてやっぱりアットホームなのがいいですね。生徒同士が非常に密なつながりがある。それも、アットホームさが特徴である「アトリエシャンティ」という教室の強みじゃないかなと。
 
高橋:そうですね。みなさんの話を聞いていると、やっぱりこのアトリエシャンティという空間を好きでいてくれているし、「セミナーや話し方講座というと堅苦しいイメージがあったけど、そういったイメージがなく親しみやすくて通いやすい」などの声をよく頂きますね。
 
 

古田: うちの授業では、外を使ったりショッピングセンターも近いからそのようなところも利用したりして、とにかく色んなところが教室になるんですよね。教室の枠がない。もちろん教室内でやるときもあるし、今話したように外でやったりとか、あとは石徹白の野外スクールで行うレッスンもあるし、時にはバーベキューしながらとか、火を囲んでのレッスンもある。コミュニケーションって、そりゃあ会議室で行うときもあるだろうけど、それって特定の時じゃないですか。でも、日常のあらゆるシーンでコミュニケーションは必要になってくるわけだから、会議室だけで話し方講座をやるのは現実性が低い。そうやって色んなところで色んなシチュエーションでのコミュニケーション、話し方を学んだほうが、日常でもすぐに適用していけるんですよね。
 
 
 
 

高橋:ここでは、「生きるコミュニケーション」を学べるところが魅力ですよね。あとはやっぱり、野外研修センターでキャンプができたり、会員さん同士での交流会があったり、そういった横のつながりを大事にしているところも魅力の1つですね。
 
 
古田:確かに、会員さん同士でのつながりはすごいですよね。さっきも出てきましたけど、本当に密な関わりがあるんですよね。交流会やキャンプを通して友達ができたり、もしかしたら将来のパートナーみたいな形に発展するケースもあるだろうし。話し方講座でコミュニケーションを一緒に学ぶ、その共通の学びが距離を縮めてくれるし、コミュニケーションをお互いに学んでいるからこそ関係がより深まっていきますよね。だから、普通のスクール以上に 生徒同士のつながりは深い気がしますね。
 
 
 
 

高橋:出張レッスンを頻繁に行っているので、そこも良いところかなと思います。話し方講座って、探そうと思ってもあんまり近くになかったり、仕事が忙しいとなかなか通うのが難しかったりするんですよね。でもさっきも言ったように、最近では話し方講座などコミュニケーションを学べる場所の需要は増えてきているので、出張レッスンで企業の方向けの話し方講座を開催したり、就職支援のための話し方講座を開催したり、そういうところに対応していけるのも魅力だと思います。
 
古田:そうですね。IT企業への出張レッスンや短期大学への出張レッスンなどたくさんやってきましたもんね。コミュ二ケーションにとどまらず、シャンティはどのメニューに関しても出張レッスンを行ったりしていますし、本当に多様性に富んだレッスンが多いなと感じますよね。
 
 
 
 
 
 

コミュニケーション講座はどのような方におすすめですか?

 
高橋:悩んでいる方ももちろんですけど、深いつながりとか、そういったものを求める方にもおすすめですね。シャンティのコミュニケーション講座は、先に進んでいくにつれてより相手のことを理解できるようになる、そんな内容になっています。だから、これまで親しかった相手ともっと深い関係を築けたり、初めて会う人とでもすぐに仲良くなれたり、そんな繋がりができるので、人ともっと関わりたい方にはすごくおすすめですね。
 
 
 
 


古田:全ての方におすすめですね。子供でもコミュニケーションが必要な場面は存在するから子どもにもおすすめだし、あとは子どもを育てる親御さんにも必要ですよね。夫婦間でのコミュニケーションも子育てをする上ではとても重要だし、もちろん子供との関わりも、講座を学んでいく事でこれまでよりも良いものになっていきますね。親子に限らず、学校の教育者であれば生徒たちに対してとか、会社で部下を持つ立場であれば部下に対してとか、逆に上司に対してとか様々なシーンでコミュニケーションって絶対に必要なんですよね。色々あげましたが、コミュニケーションを学ばなくていいとか、知らなくてもいい人はいないんじゃないでしょうか。どんな立場の人であってもコミュニケーションは必要なので、本当にすべての方にオススメしたいですね。
 
 
 
 

コミュニケーションを学んだら、どんな風になっていきますか?

 
 
 

高橋:まずは、自信がついてきますね。自分のコミュニケーションに自信がついていくので、心からイキイキしてくる。すごく楽しそうに見えますね。
 
古田:顔が変わってきますよね。あとは雰囲気も変わってきますし、考え方も変わっていきますね。そして学ぶことで可能性が広がるから、新しいビジョンを持つ方もいますよね。新しい夢とか目標を持ったり、今まで諦めてたことを実現していったり。今までは無理だと思っていたことに対して、今は手が届くんだという意識に変わっていくから、どんどん行動の範囲も広がっていくんですよね。人生がいい方にシフトしていく、そんな方が多いと感じます。
 
 
 
 

お互いの魅力、強みは何でしょうか。

 

古田: 体育会系だし、先生としてすごく情熱的。そして機動力、行動力があって、そこが生徒のみなさんにもいい影響を与えているんじゃないかなと思う。アクティブな感じですよね。やっぱりどうしてもコミュニケーションが苦手だと、行動もちょっと奥手になってしまったりするんですけど、人生をよくしていくうえで必要な行動力やアクティブさを背中で見せていく先生じゃないかなと。出張レッスンに行ったときもとても好印象だし、情熱的だけど親しみやすさや優しさも兼ね備えているような。それがいいところですね。
 
 
 
 

高橋:関わる相手が自然と心を開けて、相手の可能性を開いていけるような力強い方ですね。OKさん自身がいろんなことを体験してきているから、自分の言動にも自信を持たれているし、だからこそ相手のことも心から信じて関わっていけるんだなと思いますね。そのような関わりをされると相手も安心できるし、素直な気持ちで色んなことに取り組んでいけるんじゃないかなと思います。
 
 
 
 
 
 
 

二人にとって、アトリエシャンティで働く醍醐味は何でしょうか。

 
高橋:みなさんが変化していくのを間近で見られるのが嬉しいです。シャンティは夢を叶える組織なので、シャンティに通うことでみなさんが夢を叶えていくのを、そばで見守っていけるところがすごくやりがいを感じるなと思います。それが楽しみでもあり、自分自身も生徒さんがそうやって変化して、夢に向かっていけるような関わりをしようと頑張れるので、それがとても魅力的だなぁと思います。
 
 
 


古田:同じ日がないのが楽しいですね。みんながエキスパートで、人を元気づけたり、夢を叶える人の集まりだから、すごく創造的だし、活動的だし、変化が早いんですよ。発想したことがすぐできる、みたいな。組織も、やってる活動も、1ヶ月でガラリと変わっちゃうくらい変化に富んだ場所なんですよね。そして新しいことにどんどんチャレンジしていくスタイルだから、飽きないのが魅力かなと思いますね。
非常にみんなが1つの意見に対して賛同してくれるし、頭の固い人がいないので、とても楽しいなと思います。そんな人たちと一緒に活動できるのは嬉しいし、すごくみんなで造っている感じがして良いですね。本当に「アトリエ」って感じなんですよね。大人のアトリエ。ここに集まるのは、子供のような心をもった大人たちばかりで、そういうところが魅力だと思います。
 

 
 
 

.